2015.01.15

キャバ嬢が伝授!モテる女性が「モテ続ける」秘密・4つ


子どもの頃からモテる女性がいますが、それは「モテる」要素を倍増させているからなよう。

「なんであの子ばかりいつもモテるんだろう」と思う子はモテる要素を持ち、男性と接することで常にその要素を磨き上げ、増大させているためモテ続けることができるんだそう。

これはキャバ嬢も同じようで、トップまで登った女性はトップになる術を知っているのでモテ続けることができるということ。

そこでキャバクラで働く女性たちに「モテる女性がモテ続ける秘密」についてインタビューしてきました。

1.気持ちに余裕があり焦っていない

「売れっ子は、お客さんにもガツガツしていません。逆に売上げがない子の方が、お客さんにしつこいくらいにお願いしていてうんざりされて結果的に指名されなかったり。
話をしていて気分良くなっても結果的に「指名のお願い」ばかりだったら男性もイヤになりますよね。」(24歳/六本木)

恋愛でも同じように「好き」と言われて嫌な想いをする男性はいませんが、「付き合いたい!」としつこいくらいに言われたらその「好き」という気持ちさえ鬱陶しいものになってしまうよう。

「好き」と言いつつもしつこくない程度に留めて、余裕をもった振る舞いをする方がモテるようです。

2.男性と接することに慣れている

「いつもNo3くらいに入る子は、男性との接し方がうまいんだと思います。
どういう男性にはどういう態度が良いかわかっていて男性の気分によっても声色を変えるなどして、うまく状況を察知して対応している気がします。」(23歳/歌舞伎町)

「恋愛に奥手」「男性が苦手」という女性が、いきなり気になる男性の前に言ってもうまく話ができるはずがありません。緊張してしまい、何を話せば良いかわからなくなってしまいますよね。

まずはどんな男性でもイイので「男性と接する」ことに慣れることから始めてみてはいかがでしょう。

3.男性が喜ぶことを自然とできる

「いろんな男性と接していると、その人が何をして欲しいかが分かってくるんですよね。
もちろんキャバクラという場所なので、相手も気にせず『○○して〜』と言ってくるのでわかりやすいんですけど。
でもいろんな人と関わることで相手が喜ぶことがわかってくるし、それに対してどういう反応をすればやらなくても喜んでもらえるかなどわかってきますよ。」(22歳/六本木)

モテる女性は男性が寄ってくるので男性と接する機会も多いもの。

だからこそ、男性の言動に対してどんな風に応えるのが良いのかわかっており、自然と男性を喜ばせる術が身に付いているようです。

「私には身に付いてない…」と思った人は、これから男性と接する機会を増やしてみて。

4.勝負ポイントや引き際を知っている

「銀座でトップクラスになってくると可愛いだけでは足りません。かけひきがうまくできることが大切。
男性をその気にさせながらも、しつこくなく引く時にはちゃんと引ける女性。モテる女性は経験上それがわかっているので強いですね。」(26歳/銀座)

押してダメなら引いてみる。その絶妙なタイミングを掴むことができるのがモテ女性。
押してダメでもさらに押しているような女性は「重い女性」として見られてしまい、男性は逃げてしまいます。

かと言って全く押さなければ、男性は「自分には興味がないのかな」と思いよほど自分に自信がある男性でなければアプローチする気にならないよう。

このタイミングの見極めは経験を積むしかないので、一つ一つのタイミングと結果を大切に、経験を積んでいって。

おわりに

どれもすぐに手に入れられるものではなく、男性への慣れや駆け引きなど経験が必要なものが多いですね。

すぐに「モテる女性」になるのは難しいですが、一つ一つの恋愛経験を大切にしていけば、数年後にはあなたもモテ女子になれるかも!

(栢原 陽子/ハウコレ)

関連記事