2010.11.12

家賃が半額!?人気急上昇中「ワケあり物件」の探し方

 不況のあおりを受け、人気急上昇中の「ワケあり物件」。家賃が通常の半額になることも。その探し方を少しだけお教え致します。けれど、何があっても自己責任で。


ワケあり物件の呼び方

 ワケあり物件は通称です。不動産屋さんでは、事故物件、事件物件、瑕疵(かし)物件と呼ばれています。キズモノという隠語もあるそうです。瑕疵(かし)は、きず・欠点・欠陥、という意味です。

ワケあり物件の種類

 前の住人が部屋で死亡した、事件があったという以外のものでも、ワケあり物件になる場合があります。競売予定の物件は、次のオーナーがどのような使い方をするのか未知な部分がありますので、ワケありになります。

 また、床上浸水があった、雨漏りがする等もワケあり物件です。

ネットが楽チン

 不動産情報サイトで「事故物件」や「瑕疵」とフリーワード検索をかけます。すると、何件かヒットするでしょう。「精神的瑕疵」と記してあるものは、自殺があった部屋だったり、近くに暴力団事務所があったりします。
 問い合わせの際に、何が「瑕疵」なのかをよく聞くようにしてください。

公団住宅が狙い目

 UR都市機構はHPで事故物件の紹介をしています。また、各自治体の公団住宅もHPに記載があったり、問い合わせれば情報を教えてくれたりします。

 URや公団のワケあり物件は、お年寄りの病死が殆どで、他のワケあり物件より比較的穏やかな「ワケあり」であるケースが多いのが利点です。

見学の際はよく観察

 天井のシミは雨漏れの可能性がありますし、壁のシミはカビの恐れがあります。また、外観に似合わない新しいシステムバスが入っていたり、部分的にきれいなクロスが張ってあったりすると、何かあったのかも知れません。

 「ワケあり」とされていない物件でも、「ワケ」があることがあります。何があったのか尋ねましょう。

ワケを公開しなくてもいい理由

 ワケがあった直後に借りる人には、情報開示の義務が生じます。が、それ以後の住人には義務は発生しません。

 なので、自社で一度借り上げ、その後、賃貸に出す、という手法を取っている会社もあります。こうすれば、一般のお客さんからは、通常の家賃や敷金を貰えるからです。

不動産屋さんにお願い

 すぐに引越しを考えていないなら、不動産屋さんに希望の地域、家賃を伝えておいて、「ワケあり物件」が出次第教えてもらうという手があります。

 しかし、不動産屋さんはあまりお薦めしないでしょう。ワケあり物件は健康面、精神面でキツい場合が多いので。

関連記事