2015.01.17

男子赤面!「女子には絶対負けたくない!」と思う4つのアレ


女性でも、「男性に負けたくない!」って思うことは多々ありますよね。

しかし、男性は女性以上に相手に負けたくない、と思っているもの。女性に負けたら顔が立たず、恥ずかしい思いをしてしまいますからね。

そこで今回は、男性が女性に負けて恥ずかしかったことを紹介します。

1.身長

「身長は負けるとやっぱ恥ずかしいなって思うよね。俺は身長があまり高くないから、ヒールとかは履かないで欲しいなって思う。」(21才/学生)

身長が高くてモデルさんのようにすらっとした方って意外と周りにいるものですよね。身長が低くても、女性はヒールのついた靴を履くことが多いので、それだけでだいぶ大きくなってしまいます。

男性は身長を女性よりも気にするものなので、背の小さい人とのデートの際は、ヒールは避けたほうが無難です。

2.腕力

「この前彼女と腕相撲で勝負しました。『力弱くて可愛いなー』と思って床につけようとしたら、見たこともない悪い顔で彼女に『フフフッ甘い甘い!』と言われ、ドーンと腕を戻されて負けました。
あの顔が怖くて本当に忘れられません。」(26才/営業)

彼女さんは、相当強かったんでしょうが、彼の身になってみると少し可哀相かも(笑)

他にもビンの蓋を彼女に開けてもらった、女性に荷物を持ってもらったなど、なにかと腕力で女性に負けてしまうことは、男性として嫌なんだそう。

逞しい女性は頼もしいですが、強すぎると引かれてしまう可能性があるので、あなたの強さは見せびらかさない方が良さそうです。

3.ゲーム

「この前俺の得意なゲームで彼女と対戦したんです。それでいざ始めたら彼女の手さばきが完全に初心者ではなくて、あっさりと完敗。
彼女は『このゲームやったの初めてだよ~』とか言ってたけど、絶対に嘘だって信じてます。嘘であってほしい。」(21才/学生)

自分の得意分野で相手に負けてしまうと悲しいもの。それがその分野の初心者に負けるなんて言ったらもっとですよね。

彼とゲームをして勝ってしまった場合は「実はこのゲームやったことあったんだよね~」と彼をフォローしてあげましょう。「初心者」なんてワードはNGです。

4.UFOキャッチャー

「UFOキャッチャーで、相手の女性が欲しがってる人形に苦戦してたんです。
2千円くらいつぎこんだ所で、相手が急に『もう見てらんない!貸して!』って言って一発で取っちゃいました。取れて良かったですが、心境は複雑でした。」(25才/美容師)

たしかに自分ができるものを相手がモタモタしてやっていたら、もどかしくなってしまいそうですよね。

しかし、男性があなたのために頑張ってくれているので、いくら得意でも見守ってあげましょう。
限界が来たら「ねえ試しに一回だけやってみてもいい?」と言えば、彼のプライドは傷つかないかもしれません。

おわりに

いかがでしたか?

男性はやはり女性に負けてしまうとプライドが傷ついてしまうようですね。

わざと負けるのが良いとは言いませんが、あまりに男性よりも上になってしまうようなことがあれば、ちょっとだけ手を抜いてみることも相手のためかもしれません。

(霧島はるか/ハウコレ)

関連記事