2015.01.17

【七曜星風水】恋のツボ!月のラブ・パワーで彼とラブラブに


星のパワーを最大限に引き出して運気アップを目指す「七曜星風水」。
星ごとに違う“恋のツボ”と“ラブ・パワー”、今回は「月」です。

好きな男性に素直に「好き」と言えない時、どうすればいいのでしょう? 恋人がいる人も、彼がちょっと冷たかったり、交際期間が長くて倦怠期になっている時などは、寂しいし悩みますよね!

そんな時こそ、〈月のラブ・パワー〉を恋のツボにピタリと合わせて、大好きな彼とラブラブになりましょう!

1.月のラブ・パワーとは?

〈月のラブ・パワー〉は、色で表せば、シルバーやパールホワイトをはじめとした、ナチュラルで静かなトーンです。

また、月が太陽の光を受けて光っているように、〈月のラブ・パワー〉は、アクティブではなくパッシブ(受け身)。みずから力を出すのではなく、外から加わった力を受け止めて、変化を起こしたり影響をおよぼします。
ちょうど鏡や水面のように、人の心模様を受け止めて映し出し、気づきを与えたり、あるいは、相手の悲しみや不安を優しく受け止めたり…。

太陽の男性的なパワーとは反対に、月のパワーは、きわめて女性的なパワーだと言えるでしょう。

2.月のラブ・パワーをチャージするには?

〈月のラブ・パワー〉をしっかり受け止め、うまく発揮するためには、自分自身にウソをつかず、自然体になる必要があります。

それから、欲張ってあれもこれも手に入れようとするのではなく、「本当に欲しいモノは何か?」と、自分の心に問いかけることも大切です。つまり、きちんと部屋の整理整頓をしたり、いらなくなったデータを捨てるなど。

また、ひとりで過ごす時間に、十分リラックスするのも良いでしょう。
そうすれば〈月のラブ・パワー〉は、良質の美容液のように心身にしみわたります。

3.月のラブ・パワーとピッタリ一致する恋のツボとは?

〈月のラブ・パワー〉にピタリと合う恋のツボは、知識やテクニックよりも、情感たっぷりな仕草やスキンシップ。何しろ〈月のラブ・パワー〉は、柔らかい女性の肌や、涙でうるんだ瞳から発散されるのですから!

たとえば、飲み会などで彼のそばで飲み物を作ったり注ぐ時、グラスを持つ彼の手をあなたの手で包みこんだり、彼がそのお酒を飲んだ瞬間に、さりげなく彼の膝に手を置くのです。そして彼への愛をこめ、うるんだ上目遣いで彼とアイ・コンタクトを。

これでグッと来ない男性なんて、ほとんど居ません。

4.さらにパワーアップしましょう!

あなたの中の女性らしさを、思う存分に表現すれば、〈月のラブ・パワー〉はその力を増して行きます。
具体的には、もっと女性らしさを高めるために、月のアイテムである鏡を使います。鏡を通して自分と対話するのです。

まず、自分の顔のパーツのうち、好きなところをじっと見つめます。照れないで「あなたキレイだわ」と、自分に言い聞かせましょう。
次に、“色っぽい”または“魅力的”と、自分でも感じる表情をしてみます。
最後に、たとえばモナリザみたいな、ちょっと意味深な微笑みを浮かべましょう。

これは、自宅でやってみるのが安心できて一番ですが、誰も居なければ外出先の洗面所などで実行してOK!
日々繰り返すうちに、あなた自身の女性性が磨かれて、自然と“魅力アピール上手”になっていくでしょう。

おわりに

日本女性は、まだまだ性へのタブー感が根強く、上手に色っぽく振る舞える人は少ないようです。でも、〈月のラブ・パワー〉ならではの“マイルドな色気”なら、あまり同性から嫌われずにすむ、というメリットもあります。

自分自身の魅力に目覚め、さりげない仕草や自然体のスキンシップで、彼の心をぐっとつかみましょう!

(隆速治沙/ハウコレ)

関連記事