2015.01.19

「まっすぐ」が胸を打つ!男性が憧れる告白方法・4選


皆さんは、自分から男性に告白したことはありますか?男性の気持ちだけでなく、その告白の仕方によっても貰える返事が異なります。

恥ずかしいからと言ってメールや電話で気持ちを伝えてしまっている人は注意!せっかく頑張って想いを伝えるのであれば、彼に好意的に受け止めてもらえる告白をしたいですよね。

そこで男性に「男性が憧れる女性からの告白方法」についてインタビューしてきました。

1.ストレートに伝える

「やっぱり直接会って顔を見て『好きです』とまっすぐに伝えて欲しい。それがどんな告白よりも嬉しいですね。
メールで言われても本気度がわからないし、電話や手紙よりも嬉しい。『もう1回言って!』って言っちゃいそう。」(25歳/マスコミ)

やはり一番の人気は真っすぐに気持ちを伝える告白でした。「かっこイイ」などの褒め言葉はお世辞でも言えますが「好きです」という言葉は冗談やお世辞では言えないので、どんな言葉よりも嬉しいそう。

告白するなら回りくどい言い回しよりも「好きです。付き合ってください」と真っすぐに伝えてみて。

2.「前から好きでした」と伝える

「『ずっと前から好きでした』と言われると嬉しいです。いつから見てくれていたんだろう?と恥ずかしくなりますけど嬉しい。
片思いでもずっと前から好きだったってことはこれからも好きでいてくれるんじゃないかなって思えるから、付き合ったら幸せになれそうだなって思う。」(26歳/商社)

「前から好きだった」と伝えることによって、ずっと想っていてくれたというところに喜びを感じるそう。

他にも「こんなところが素敵だなと思っています」と理由を伝えることで「よく見てくれているんだな」と感じて嬉しいそう。

3.友達からの不意打ち

「友達から『好き』とさりげなく告白されると『本気?』と思いながらもめっちゃ嬉しくなります。
改まって言われるのも嬉しいですけど、こっちも構えちゃうので不意打ちくらいが嬉しいですね。」(22歳/学生)

友達だと思っていた相手から予想もしていないタイミングでの告白に憧れる男性は多いよう。

元々友達関係ということもあり、改まったシチュエーションを用意されると緊張してしまうというのも有り、いつも通り話をしている中で「私、実は○○君のことめっちゃ好き。」など不意打ちで伝えられるとドキッとするそう。

4.重くない告白

「自分が好きな相手からならどんな告白でも嬉しいですけど、まだあまり知らない相手ならあんまり重くない方が嬉しい。
いきなり長文のラブレターとかもらっても引く。それよりも『好きです。今度デートしてくれませんか?』くらいの方が嬉しいし、そこから始めてみるのもイイかなと思います。」(26歳/旅行)

告白してもいつもいつもうまくいくわけではありません。

でも告白の仕方次第でその後の彼からの接し方は変わってきます。「将来も考えて付き合って行きたい」などの重い告白だと男性が今すぐ付き合うつもりがなかった場合には「重くて責任とれない…」ということから関わりたくないと思われて友達にもなれないよう。

逆に重くない告白であれば「まずは友達から」などその後の可能性もあるようです。告白する時には、重くなり過ぎないように気をつけて!

おわりに

奇をてらった告白方法よりも、遠回しに伝えるよりも、まっすぐに向き合って気持ちを伝えるのが一番なんですね。告白しようと思っているあなた。

いつも一緒にいる相手なら不意打ちで、まだあまり親しくない相手なら重くなりすぎないように、まっすぐに気持ちを伝えてみてください。

(栢原 陽子/ハウコレ)

関連記事