2015.01.20

今一番モテる!「妹キャラ」になりきる4つのポイント


みなさん、こんにちは。コンサルタントの木村隆志です。

昨年末まで放送されたドラマ『ディア・シスター』で、石原さとみさん演じる妹役・美咲のキュートさが話題になりました。

さらに、現在放送中の大河ドラマ『花燃ゆ』の井上真央さんが主演に選ばれたのも、「女優界きっての妹キャラだから」だそうです。

妹キャラに人気が集まっているのはドラマの中だけではなく、恋愛の現場でも同じ。
昨年12月に「天然キャラ、お嬢様キャラ、優等生キャラ、家庭的キャラ、体育会系キャラ、姉御キャラ、妹キャラのうちどのキャラが好きですか?」というアンケートを実施したのですが、20代男性103人中41人(全体の40%)が、「妹キャラが好き」と答えました。
(妹キャラ41人、家庭的キャラ24人、お嬢様キャラ9人、優等生キャラ7人、天然キャラ5人、姉御キャラ6人、体育会系キャラ2人、全部好きではない9人)

妹キャラがこれほどモテる理由は、どんなことなのでしょうか? 以下にその特徴を挙げていきます。

1.笑顔を見せる回数が多い

男性が好きな妹キャラの絶対条件は、けなげさを思わせる笑顔。

笑顔で声をかけ、笑顔で話を聞き、笑顔で話しかけ、笑顔で立ち去るなど、相手に笑顔を見せる瞬間が多いほど妹キャラを感じさせることができます。

また、怒るときや悲しむときも笑顔を見せることで、男性が妹キャラに求めるけなげさをより感じさせられます。ただ、ギャルやオバさんを思わせる大笑いは禁物。

2.小さなお願いごとで頼る

男性が好きなシチュエーションの1つに、「かわいい妹(妹分)から頼られる」ことがあります。気をつかってガマンするよりも、「オレを頼ってくれてうれしい」と思わせる甘え上手の方が圧倒的にモテるのです。

1つ注意したいのは、お願いごとの大きさ。基本的に妹は小さなお願いごとが得意であり、大きなお願いごとは苦手なものです。

男性があまり考えずに「いいよ」と言えるくらいのお願いごとをタイミングよく持ちかけてみましょう。

3.相手を見つけたら自ら近づく

最もシンプルな妹キャラのアピールは、「むじゃきさ、天真爛漫さを感じさせる」こと。その第一歩は、気軽なあいさつです。相手を見つけたら自ら歩み寄って声をかけるようにしましょう。

多少幼さを感じさせてもいいので、考えすぎることなく、相手の懐にスッと入ってしまえばいいのです。

4.相手の名前を親しげに呼べる

多くの男性は、「〇〇お兄ちゃん」と呼ばれるのが大好き。

その理由は、「親しげに名前を呼んでもらえるから」であり、「自分の理解者だと感じるから」。言わば、親しげに名前を呼べば、本物の妹から「お兄ちゃん」と呼ばれているときと似た感覚を与えられるのです。

また、会話中に「〇〇くん」「〇〇さん」と相手の名前を混ぜるだけで、「わがままそうに見えない」というメリットもあるので、ぜひ試してみてください。

全てのベースは人なつっこさ

これら4つの共通点は、人なつっこさ。単に「かわいい」「美人」「オシャレ」というだけではなく、フレンドリーに接して距離感を縮められる女性が、“モテる妹キャラ”そのものなのです。

もちろん妹キャラは、「モテるため」「恋人を作るため」のもの。その目的を達成してしまったら男性の目を気にすることなく、自分本来のキャラで過ごせばいいので安心してください。

最後にもう1つアドバイス。こうした“妹キャラ”に加えて、アンケートで2番目に多かった“家庭的キャラ”も少しでも感じさせられれば、「出会いの場では必ずモテる」と言っても過言ではありません。

(木村隆志/ハウコレ)

関連記事