2015.01.21

長続きする秘訣はここにあった!おしどり夫婦の共通点・4選


大好きな彼といつまでも支えあっていきたい!誰しもがそう思っているはずです。

でも、なかなかうまくいかないのが現実。どうしたらいつまでも彼と仲良しでいられるのか。悩めるあなたに、おしどり夫婦たちの意外な共通点をご紹介!

1.相手の尊敬できる部分がある

「私には出来ないことが出来るし、私にはない発想力があるの。それは彼の“好きなところ”というよりは“尊敬できるところ”だと思う。
尊敬できる部分があるか無いかでその人を見る目って違うと思う」(飲食/42歳)

相手に対して「好き」と言う感情だけで上手くやっていけるという訳ではなかったんですね。もちろん、「好きなところ」が多いことは良い事です。

ですが、それとはまた別枠の「尊敬できるところ」が相手にはあるんです。
確かに、尊敬する人に嫌な部分が1つ2つあったとしてもその人自体を嫌いにはなりにくいですよね。

2.行動が可愛いと思える

「相手が大なり小なり失敗をしても、怒りよりも可愛いと思える。またやったなー(笑)って笑って流せるのが一番かな。」(運搬/38歳)

「なんでいつも同じことするの!って責めるんじゃなくて、この人はこういう人なんだって受け入れてあげるとストレス溜まりにくいし気にならなくなると思う」(飲食/45歳)

「この人のここはダメ」と別物にするのではなく、「ここ部分も含めてこの人なんだ」と受け入れてあげられると、ダメな部分が出て失敗したときでも許してあげる事が出来そうですね。

3.我慢は大切

「どんなに長く付き合ってお互いに理解しあっていても、結局は他人同士。我慢しなきゃいけないことはたくさんあるよ。
でも、あの人のためなら我慢できるって思えるからそこまで苦痛じゃない」(書店/41歳)

やはり、我慢はつきものです。「何で私ばかりこんなに我慢しなきゃいけないの!」と思うときもあると思いますが、それは彼だって同じ事。
相手を想うからこそ妥協してあげることが大切です。

ですが、不満が爆発するほど溜め込む必要はありません。我慢できないことはしっかり相手に伝えましょう。

4.自分の時間、趣味を大切にする

「相手の趣味は害が無い限り口出ししない。共通の趣味を作って楽しむことも大事だけど、個人の趣味も大切にするべきだと思う」(飲食/39歳)

「細かく干渉し過ぎないことかな。ずっと一緒にいると嫌な部分がたくさん見えてくるけど、目をつぶって干渉しないようにしたら良い部分が自然と見えてきた」(販売/42歳)

二人の時間と同じようにお互いの一人の時間を大切にしあうことが必要。

ですが、相手がギャンブラーで経済面に支障が出る場合などは話し合うべきです。長い付き合いの仲でもお互い一番良い距離感を掴めるのがベストですね。
近すぎても遠すぎても上手くいきません。

例えば、「昨日どこで誰と何していたの」と細かく干渉するのも、相手が何しているのか全く把握していないのもNG。
少し難しいことですが、彼とのちょうど良い距離感を見つけてられると良いですね。

終わりに

いかがでしたか?あなたと彼が上手く付き合っていくためのヒントになれば幸いです。今一度彼との関係、考え方を見直しておしどりカップルになりましょう!

(佐久間 優/ハウコレ)

関連記事