2015.01.22

女子あるある?グループでハブられそうな時の対処法・4つ


女子の世界に存在するグループ。
厄介だと思う節もありつつも、何かと楽しみや心強さを与えてくれるこのコミュニティに愛着がある人も多いのではないでしょうか。

そんな大好きなグループからハブられそうになった時、あなたはどう対処しますか?
今回はグループライフを生き抜いてきた人生の先輩であるアラサー女子に適切な対処法を聞いてきましたよ。

1.直接、原因を聞く

「まずは原因を知ることが大切だと思う。謝るにしても頓珍漢だと火に油を注ぐことになりそうだからね・・。
聞くときは出来れば本人に直接。周りに探りを入れたりすると誤解や噂でややこしくなる可能性があるからね。」(27歳/損保)

原因が分からなければ、反省しようも改善しようもありません。まずは今後の動き方を決定するためにも原因を追究しましょう!

この際、間接的なやり取りはなるべく避けるべき。
更にこんがらがって問題が大きくなることがないよう、直接本人に聞きましょう。

気まずい中で、話しかけるのにはかなりの勇気が要りますが、その場で話し合えれば大半は意外とすんなり解決するものです。

これ以上、失うものはない状況なのですから、思い切ってね。

2.卑屈にならない

「皆に冷たくされると心が折れて『私なんて・・』と卑屈になりがちだけど、それは絶対だめ。
暗く閉じこもっていては、グループ以外の子も離れていってしまうよ。なるべく普段通りに明るくね!」(23歳/メーカー)

グループ内で浮いてしまうと、あたかもクラス中の全員も敵にまわってしまったかように思えてきて、自信がなくなってしまいますよね・・。

しかし、実際にはグループ以外の人たちは敵でも味方でもないのです。むしろ今後の動き方次第では味方になってもらえる可能性だってあるのです。

そんな中、勝手に卑屈になり、下を向いてしまってると味方候補の人たちからも距離を置かれてしまいます。

辛い気持ちはわかりますが、周りに話しかけてもらいやすいように、普段通りの態度を心がけましょうね。

3.残るか出るか考える

「ハブられそうな時って『そもそもグループに今後も居たいのか』を冷静に考えるいい機会だと思う。
元々ハブりや争いが多いグループだったなら、固執せずにキッパリお別れして、新しい友達を作った方が楽しいかもしれないしね。」(30歳/広告)

原因を知ったら、次にグループに残るか、出るかを考えてみましょう。自分に非があり改善すべきなのか、グループの皆が理不尽なだけなのか、などを考慮に入れて、決断するといいでしょう。

納得感のない理由でハブられたのなら、彼女たちは本当の友達ではなかったのかも・・。

くだらないことでごたつくような幼稚なグループだったのであれば、抜けて幸せになった方がいいのかもしれません。

4.謝罪は素直に

「弁解したり言い訳してもうんざりされるだけ。自分に非がある時には素直に謝るに限る!
仲の良かった友達なんだから、ストレートに反省の気持ちを伝えれば、許してくれると思うよ。」(26歳/美容)

“素直な謝罪”とても勇気がいる行動ですが、その分相手の心を打つことができます。
気まずくて話しかけるだけでも緊張すると思いますが、頑張って。

時間が解決してくれるだろうと、とぼけていても原因がある場合には簡単に修復できないものです。それどころか、どんどん離れて行ってしまう恐れがあります。

恥ずかしかったり、プライドが傷つくこともあるでしょうが、ここはストレートに謝りましょう。あなたの反省こそ、唯一、皆を引き留める武器なのです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?女子とはなかなか切っても切り離せないグループ。日々移り変わる人間関係の中で、立場が危うくなってしまうことは、あなたにだけでなく、誰にでもあることなのです。

すぐに解決したい気持ちはわかりますが、ジタバタしても状況はよくなりません。あまり悩まず、固執せず長期戦で臨みましょうね!

(城山ちょこ/ハウコレ)

関連記事