2015.01.26

寒さも吹き飛ぶ!気になる彼をドキッとさせちゃう冬限定モテ仕草・5選


冬の時期って、普段よりも女子が可愛く見える季節。例えば、袖から指先を少し出し、寒そうに白い息を吐いている。そんな何気ない姿にも、男性はドキッとしてしまいます。

しかし、それだけではありません。冬の時期にしか使えないモテ仕草は他にもたくさんあるのです。今回は、20代男性の方々に冬の女子の仕草で好きなものについて聞いてきました。

1.マフラーで口元を隠す

「マフラーで顔半分くらいを覆って、口元が隠れている状態の女の子っていいよね。普段よりも可愛く見える気がする」(29歳/土木)

袖からの指先チラ見せと同じくらい、冬の定番モテ仕草である、口元隠し。マフラーを使い、顔の半分を隠すだけで普段よりも可愛く見えるのです。

最近では、伊達マスクなどでわざと口元を隠す人も多いですが、今の時期ならマフラーの方がオススメ。防寒対策もでき、可愛さも倍増するなんて、女子には嬉しいことだらけですよね。

2.ホットドリンクを両手で持つ

「自動販売機で買ったホットコーヒーを両手で持って飲む姿。でも、熱いから冷ましながらちょっとずつ飲むんだよね。あれは、可愛いと思う」(26歳/広告)

寒い冬のデート中、彼と温かい飲み物を飲む機会も多いはず。そんな何気ないひと時も、彼に可愛さを見せるチャンスなのです。両手でギュッと持ちながら、少しずつ飲むようにしてみましょう。

小動物みたいな可愛い仕草を見て、彼もキュンとしてしまうこと間違い無し。

3.「寒い」と言って腕を握る

「並んで外を歩いているときに『寒い~』と言って僕の腕を握ってきた女子がいたよ。わざとらしいとは思ったけど、可愛いからいいかなって(笑)」(24歳/営業)

間違いなく、わざとらしさ満点の仕草! 

しかし、そうは思っていても、急に引っ付いてこられたらドキッとしてしまうのが男性の本音。

わざとらしくても、可愛いから許しちゃうという気になるのです。腕を握るのが難しければ、寒さを言い訳に、彼との距離を縮めてみると良いかも。

4.雪のレフ版効果を使う

「毎年冬になるとスノボに行くんだけど、ゲレンデで見る女の子は全員可愛く見える。雪の中にいるから、みんな色白美人に見えるんだよ」(22歳/フリーター)

雪が反射して顔色が綺麗に見える。まさに冬の時期にしか使えない、自然のレフ版効果。気になる彼がいたら、思い切ってウィンタースポーツに誘ってみましょう。

ゲレンデの雪を利用して、いつもより可愛い自分を見てもらうのです。

5.鼻や頬を赤く染める

「鼻が真っ赤な子に『トナカイみたい』って言うと、すっごく照れるんだよね。その照れが可愛いし、鼻や頬が寒さで赤くなっている子って思わず抱きしめたくなっちゃう」(27歳/美容師)

寒さで鼻が真っ赤になったときって、恥ずかしいですよね。でも、その姿が可愛いという男性もいるのです。

寒い日は、あえて薄めの化粧で出掛けてみては? チークでつけた色よりも、自然と赤く染まった頬の方が何倍も可愛く見えちゃうはず。

おわりに

普段は気にもしていない冬の仕草。しかし、男性はそんな何気ない仕草の中に、可愛さを感じる場合があります。

どうせならこの寒さを利用して、意中の彼をドキッとさせてみてはどうでしょうか。

(LISA/ハウコレ)

関連記事