より豊かな人生を送りたい人、必見!20代のうちにやっておくべきこと・4つ


20代のうちにしかできないことは、意外とたくさんあります。それによって、30代以降の人生が大きく変わることもあるでしょう。

そこでより豊かな人生を送りたい人のために、20代のうちにやっておくべきことについて、成功している女性にインタビューを敢行。さっそく見ていきましょう。

1.行きたい場所へ行く

「20代の頃はお金があまりなかったけど、その分、お金をかけずに楽しめることが多かったように思う。
だから、わずかな収入の1割を貯金にまわして、1年に1回、好きな国に旅行に行った。バックパッカーのような安宿に泊まる旅行だったけど、あの経験で見聞が広がったから、仕事でも成功できたんだと思う。
20代のうちは少し無理をしてでも、ココに行きたい!という気持ちを優先させるといいんじゃないかな」(34歳/旅行会社)

20代のうちに世界を見ておくことはとても大切です。最近では海外旅行をする若者が減っているそうですが、それは非常に勿体ないこと。

雑誌やテレビで見るのと、自分の足で出向いて目の前にある光景を見るのとでは、その後の人生への影響度が大きく違います。

可能な限り、冒険心を持って未踏の地へと足を伸ばしたいものです。

2.年齢を意識せず友人や知人を作る

「私が20代の頃は率先して何十歳も年上の人とコミュニケーションをとっていた。知識が増えるだけではなく、人脈も多方面に大きく広がるしね。
普通なら絶対に会えない世界にいる人と食事をする機会もあった。その経験が今の私を作ったといっても過言じゃない」(32歳/フリーランス)

どうしても同年代の人で固まりがち。もちろん年が近い友人や知人と会話することも大切ですが、歳が離れた人とコミュニケーションで得られるものは大きいでしょう。

「あの人は〇〇歳だから」といって気が合わない、話が合わないと思うのは早合点。さまざまな年齢の人と会話して刺激を受けることが、より豊かな人生を招くキッカケのひとつとなるはず。

3.やりたいことを積極的にやる

「私が20代の頃は、好奇心が赴くままに行動していた。やりたいことを全部やり尽くしたといっても良いほどに。
そうすれば、少しでも後悔のない人生を送れるだろうし、自分の可能性をグンと広げることができる。
私は今、会社を経営しているけど、やりたいことだけにフォーカスして20代を過ごしてきたおかげだと思っている」(39歳/会社経営)

やりたいことに制限なくチャレンジできるのは、若さゆえということもあるでしょう。

20代のうちに興味を引かれるものには、できるだけチャレンジしていくことをオススメします。

そこからあなたの可能性がバンと広がり、その後の人生の成功につながるかもしれませんよ。

4.何事に対しても自分の気持ちに正直になる

「年齢を重ねると、どうしても物事に対して慎重になってしまうけど、20代のうちは素直に生きるのが一番だと思う。
仕事も、恋愛も、いくらでもやり直しができるから。失敗の繰り返しこそが、私の人生を豊かにしてくれたんだと思う。
自分に何が向いているのか、どんな人が合うのか、わかるようになるしね」(36歳/WEB編集)

失敗は成功への近道という言葉がありますが、まさにその通りの考えですね。失敗なくして成功はありえないのです。

20代のうちは失敗や失恋をしても立ち直りも早く、かすり傷程度で済みます。そこで学んだことが、今後の人生で大いに役立っていくでしょう。

さいごに

いかがでしたか?人生とは瞬間の積み重ねです。20代をどのように過ごしたかによって、30代以降の人生は大きく変わっていくでしょう。

より豊かな人生を送るために、その年齢でしかできないことを毎瞬、毎瞬、一生懸命やりたいものですね。

(羽音/ハウコレ)