「か、可愛い・・・!」バレンタインチョコを渡すとき、彼をドキっとさせる一言・4選


もうすぐバレンタインですね。「バレンタインで告白をしよう!」と考えている女子たちも多いのでは?

そんな大事なイベント。渡すときのひとことさえも重要になってきます。
そこで今回は、バレンタインチョコを渡すときに、彼をドキっとさせちゃう可愛いひとことを紹介したいと思います。
ぜひ参考にしてみてください!

1.バレンタインに渡すの初めて

「去年女子から、『私、バレンタインに渡すの初めてなんだよ・・・?』ってチョコ渡されて、そっから凄くその人のこと意識しちゃいまいたね。」(23才/学生)

「初めて」と言う特別感がやはり良いんだとか。たしかに、こんな風に可愛く渡されたら誰だって意識してしまいますよね。

今年好きな人にチョコを渡すという方は、ぜひこの言葉を使ってみましょう。渡すのが初めてじゃなくても大丈夫。
彼の知り合いに渡したことがあるなら話は別ですが、そうでなければきっとバレません。

2.○○君にしかあげてない

「前に『今年チョコあげたのは○○君だけなんだからね!』とか言われて、え、本命って意味だよね?え、そう思って良いんだよね??とか色々聞きたかったけど、とりあえずすごいにやにやしながら受け取ったことがあります。」(25才/美容師)

彼としては、これは本命と言う意味なのか?ただ義理を渡す相手が俺しかいなかったのか?とたくさんのクエスチョンマークが浮かんでしまうかもしれませんね。

しかし、どちらにせよ彼があなたのことを意識してしまうのは間違いないでしょう。あまりはっきり告白したくない、と言う人にはオススメのひとことですよ。

3.別に特別とかじゃないんだからねっ!

「理想なのはやっぱりツンデレっぽく渡されることだよね。『別に本命なんかじゃないし!』って恥ずかしそうに渡されたらグッときます。さらにそのチョコが明らかに本命感丸分かりだったらさらに嬉しいな。」(26才/食品)

出ました、秘儀「ツンデレ渡し」。男性はこの秘儀を待ち望んでいる方がけっこう多いのかも。

しかし、意識してツンデレを演じようと思ったら、きっとドキドキしすぎて結局上手くいかなそうですよね。ですから、最初は素直に渡すことを目標としましょう。それが緊張しすぎて無理になってしまったら、この秘儀の登場です。どっちに転んでも、好印象になることになります。

4.お返しはデートがいいな・・・

「一番印象的だったのは、バレンタインの日にチョコもらって『ホワイトデーはお返しいらないから、代わりにデートしてください・・・』って言われたことかな。それが可愛すぎたことがきっかけで、今では俺の彼女です。」(27才/銀行)

たしかに、このように言われたら「可愛い・・・」と思ってしまいそうです。女性としても、本命の彼からのホワイトデーのお返しより、デートの方が断然嬉しいですもんね。

バレンタインのタイミングを逃してしまうと誘いづらくなってしまうので、渡す日に気合を入れて、彼をデートに誘ってみましょう。

おわりに

いかがでしたか?

皆さんも以上の言葉をプレゼントとともに添えて、彼をドキっとさせちゃいましょう!目指せ、両思い!

(霧島はるか/ハウコレ)