2015.01.31

彼女のことは好きだけど!彼氏がエッチに限界を感じる瞬間・5選


エッチに淡白なカップルとか、長年付き合っていてお互いにうまくコミュニケーションがとれているカップルは「相手がエッチを求めてこない」と言う時でも、さほど心配しないこともあります。

しかし、そうではないケースも多いようで「あたしの彼ったら、最近エッチを求めてこなくなって……」と嘆いている女子もいます。
彼がエッチを求めてこない原因は、彼女のことが嫌いだからではなく、単純に「限界」だから、ということも!

今回はエッチにおける男子の限界について、何人かの男子にお話をお聞きしてみました。
さっそくご紹介しましょう!

1.指を骨折しそうなとき

「ぼくの彼女はぼくの手マンが大好きで、手マンからの挿入という流れでないと満足してくれません。
指が骨折しそうになるくらい手マンをしないといけないんですが、もう限界です」(24歳/エンジニア)

おそらく人の指って、連続したおなじ動きに弱いのではないかと思います。

だからオトナのおもちゃがある……というわけで、おもちゃを活用してみてはいかがでしょうか。

2.舌の付け根が痛くなったとき

「彼女はアソコを舐められるのが大好きです。彼女のアソコをずっと舐めていたら、舌の付け根が痛くなって、エッチの限界を感じます。
挿入より舐められるのが好きな女子って、対応がむずかしいです」(23歳/大学生)

舌もおそらく連続したおなじ動きに弱いのだろうと思います。舐められるのが一番感じるという女子の皆さんは、彼に舌の力を鍛えてもらうしかないのかもしれません。舌に代わるものって、ちょっと思いつかず……ごめんなさい。

3.正常位とバックが果てしなく続くとき

「ぼくの彼女は、何回イっても満足してくれないので、正常位とバックが果てしなく続きます。正直、体力的にキツイです」(27歳/IT)

正直、男子よりも女子のほうがエッチに貪欲である……という話はよく聞きます。

男はエロいとか、男はエッチなことしか考えていないという世論が大きいので、どうしても「男子ったら……」という意見が多数を占めることになりますが、実態は「女子ったら……」ということではないでしょうか。

4.見たいテレビ番組が始まりそうなとき

「ぼくのエッチの限界は、見たいテレビ番組が始まるときです。
どうしてもエッチよりテレビに意識がいってしまいって、そこが限界になります」(25歳/飲食)

以前、著名な元ニュースキャスターが「エッチをしている人がエッチをやめてテレビを見入る番組づくりを目指しています」と言っていました。

女子に対して失礼な男……と思うかもしれませんが、見たいテレビ番組って、やっぱりリアルタイムで見たいよね……というご意見もあろうかと思います。

番組が終わってからエッチを再開する……ということでいかがでしょうか。

5.妄想が途切れたとき

「ぶっちゃけ、元カノのことを想像(妄想)しながらエッチしています。だから妄想が途切れたときが、ぼくのエッチの限界です」(23歳/大学生)

女子にとってこれほど失礼な発言もないかもしれません。

でも、結婚して不倫をしている女子のなかには、不倫相手に抱かれていることを妄想しつつ旦那とエッチをしている……という人もいるので、まあお互い様でしょう。

おわりに

いかがでしたか?
一般的には、20代のうちは男子のほうが性欲が強く、30代になると女子のほうがエッチが強くなるとされているようです。

何事によらずK点を超えるのはしんどいことなので、カップルでお互いに限界値を探りつつ、楽しくエッチをしてみてはいかがでしょうか。

(ひとみしょう/ハウコレ)

関連記事