2015.02.05

復縁するために再会をチャンスに変える方法・4つ


「元カレとやり直したい…」「他の男性と付き合っても彼が忘れられない…」など、昔付き合った彼が忘れられなくて悩んでいる時、どうしていますか?
頑張って忘れて次にいきますか?それとも彼を追いかけますか?

実は、追いかけるにしても正しい追いかけ方があるんです。ポイントは再会をチャンスに変えること。

そこで、恋愛研究者であるANNAさんによる『どうしても忘れられない彼ともう一度つきあう方法』より「復縁するために再会をチャンスに変える方法」についてご紹介します。

1.「やり直す」のではなく「出会い直す」

「復縁するカップルの大半は、二人の関係が一度リセットされているということがわかったのです。」

「復縁したい!」といくら思っていても、彼は意を決して別れることを決めた相手とそう簡単に復縁したいとは思っていないこともあります。

だからこそ「復縁する」ことを願うのではなく「出会い直す」「一から始める」という気持ちを持って挑む方が、今までとは違う気持ちで彼に向かって行けるのでオススメです。

2.「彼女は変わった」と思わせる

「「あのころのように再び」という考え方でいる限り、復縁はむずかしくなるでしょう。なぜなら時間は止まることなく流れているものだから。
あなたと彼が、この先出会い直し、ラブラブになるとしても、時間が経って二人が成長した分、また"新しいラブラブ"が待っているのです。もう、どんなことをしても"昔のラブラブ"に戻ることはできません。」

「昔みたいに仲良くしたい」とあなたが言ったところで、男性からすると、別れた相手との思い出はもう過去のものでありその時間がまた戻ってくるとは考えにくいよう。

加えて「昔みたいな二人になったら結局また別れることになる」と考えられてしまう可能性も。

それよりも、大人になった二人で「新しくまた関係を築いていきたい」という気持ちを見せた方が「彼女も変わったからやり直せるかも」と思ってもらえるようです。

3.偶然の再会ではがっつかない

「偶然の再会から復縁したカップルは多いです。リセット&バージョンアップ後に、彼が常連であるお店に行ったり、共通の仲間との集まりに出るなどで、偶然をよそおって再会するのも一つの作戦。
(中略)ただし、あなたは彼と一体感を味わいながらも、彼の反応をきちんと見て、彼よりも盛り上がりすぎないように注意してください。
あなたから「メールしてもいい?」とか「またお茶でもしよう」などとは言わずに、彼が自主的にメールや次の約束をしてくれるか、様子を見ましょう。」

偶然の再会を意図的に作るのも作戦の一つですが、その時に女性があまりにがっついていると「わざと?」と見破られて男性は逃げて行ってしまいます。

女性が一歩引いているからこそ、男性から連絡しやすくなるというもの。

もしまだ彼があなたを避けて逃げるようであれば、今は復縁の時期ではないということなので、無理に彼に近づくのではなくもう少し様子を見た方が良さそう。

4.自分から「会いたい」は絶対に言わない

「彼に「会いたい」と思ってもらうには、メールや電話は「短く・明るく・さわやかに」の3大原則を守ったうえで、「楽しく」かつ「少し物足りない」がベスト。
そうすると、彼はあなたに実際に会いたくなるのです。」

彼から連絡が来たからと言って、どんどん女性から連絡していたら印象が悪くなってしまいまた彼に逃げられてしまいます。

自分からは絶対に「会いたい」とは言わず、彼がしびれを切らして「会いたい」と言ってくるまで、彼が会いたくなるようなメールを送って待ってあげるのが良いようです。

おわりに

再会するとどうしても嬉しくて「もう一度会わない?」「やり直さない?」と声をかけてしまいそうですが、それはNGなんですね。

一度別れて彼も以前とは変わっているので「私も変わったから、新しい2人で出会い直そう」という姿勢で挑むのが大切なんですね。

参考図書:ANNA著『どうしても忘れられない彼ともう一度つきあう方法』すばる舎
(栢原 陽子/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事