2015.02.07

不安にならなくて大丈夫!彼があなたに返事を返さない理由・4選


こんにちは。森もり子です。
恋人から返事が返ってこないと不安になって「もしかして他の女と会っているんじゃないの!?」と良くない妄想に走ってしまいがちですよね。

しかし、追加のメッセージを送ったり電話をかけたりしても、結局彼の返事は返ってこず、ただ自分が重い女になるだけで不安感の解消にはなりません。出来ることはただ返事を待つことだけなのです。

そうであるならば、良くない想像をして悶々として待っているよりは、良い想像をしてのんびりと返事を待つ方が幸せなはず。

ここは「彼には返事を返せない特別な事情があるのだ」と考えて、不安な気持ちをごまかしましょう。

ということで今回はとてもポジティブな「彼が返事を返さない理由」を4つ挙げました。返事が返ってこない時は、こう思い込んで楽しく返事を待ちましょう。

1.急な仕事が入ったから

急に会話が途切れてしまったのは、彼が「なんだよ、こんな下らない会話は続けてられねえよ…」と思ったから、ではありません。

きっと彼に急な仕事が入ったのでしょう。その仕事は世界中で彼にしかできないビッグな仕事なのです。彼が仕事を必死に頑張る姿を想像しましょう。

大好きなあなたに「ごめん、仕事が入った!」と断りを入れる暇すらないほどの大きな仕事に、果敢に立ち向かっているのでしょう。カッコイイですね。応援してあげましょう。

次に彼から返事が来るとき、大きな仕事を終えた彼はまたひとつ大きな男となって、あなたの前に現れるのです。

2.圏外になってしまったから

未読にすらならないのは、彼があなたとの会話が面倒になってもはや携帯を見ることすら拒否しているから、ではもちろんありません。

全て圏外の仕業です。電波が届かないようなビル陰にある喫茶店に入ってしまったのかもしれません。間違えて洞窟の中を探検しているのかもしれません。
彼だって圏外であなたと連絡が取れないことを嘆いているに違いないのです。


次に彼から返事が返ってくるとき、彼は解放感に満たされ、大声であなたへの愛を叫ぶに違いありません。

3.返信の文面を考えこんでいるから

疑問文なのに返事が返ってこないのは、彼が「いや、なんだよこの質問…そんなこと自分で考えろよ!ネットで調べろよ!」と思ったから、ではありません。そんなはずがありません。

今、彼はあなたにどんな返事を返すべきか真剣に悩んでいるのです。あなたが好きだから悩んでいるのです。長文を打っているかもしれませんよ。可愛いですね。

次に彼から返事が来るのが待ちきれませんね。まあ、案外短文で返ってきたりしますが、考えすぎて逆に短文になっちゃったパターンです。これまた可愛いですね。

4.これは放置“プレイ”

既読のまま返事が返ってこないのは、あなたのメッセージを一目見た彼が「だから何?はい、無視」と思ったから、ではありません。絶対違います。

彼が既読放置しているのは、プレイの一環なのです。そういう性癖なんでしょう。あなたが既読の文字を見つめ悶々とする姿を想像して、彼自身も悶々としているのです。

あなたを手のひらの上で転がそうとする彼、最高じゃないですか。是非上手に転がされてください。

次に彼が返事を返すのは、きっとずいぶん先になることでしょう。大丈夫。そういうプレイなんですから。


まとめ

いかがでしたか?
いやあ、彼が返事を返さないのにはこんな理由があったんですね。不安になる必要なんて無かったのです。本当に良かった。

(森もり子/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事