2015.02.08

なんでコイツと付き合ってんだっけ?男子が「別れよ」と決意した瞬間・4選


みなさんは彼氏に振られたことはありますか?
不意打ちすぎて立ち直るのに半年を要したなどなど、フラれた失恋にまつわる悲しいエピソードも気になるところですが、できればこんな悲しい経験はしたくないですよね?

好きな人からは愛されていたいというのは当たり前の願望。
そこで今回は彼女を振った経験のある男子達に、別れようと決意したきっかけを聞いてきました。

踏んではいけない地雷、至るところに転がっているみたいですよ。  

1.案外可愛くないという事実に気がついたとき

「インスタで彼女が映った写真が流れてきたとき、服のセンスと見た目が思ってたよりひどくて・・・。
正直『可愛くないな』って思ったのでお別れさせてもらいました。」(32歳/公務員)

気づかないうちに撮られていた写真がSNSにあがっている時代ですからね。
「いやいやその顔はアカンやつ!タグつけないで!」と言いたくなるような不意打ち真顔部屋着ショットが流出し、彼氏が「誰コレ」とあんぐりする可能性も無きにしも非ずなのです。

女子は男子のかっこよさを顔だけではなくセンスや雰囲気ではかることもあるのですが、男子は女子の可愛さを見た目ではかることが多いよう。SNSって怖い。

2.なんで付き合ってんの?と聞かれたとき

「友達に彼女の愚痴を話していたら『なんで付き合ってんの?』と一言。他人だからこその鋭いツッコミに我に返りました。」(20歳/学生)

そこまで好きじゃないんだけど・・・もしかしたら付き合いたての頃みたいに彼女が女神のように優しくなるかもしれないし・・・と妥協を重ねて付き合い続けていた、彼のかすかな希望を的確に打ち砕いたは友人だったようです。

彼の友達に「なんでそんな子と」と思われることは避けたいですね。彼の友達も取り込んで味方にしておくことも重要です。

3.進歩しない女子力に呆れたとき

「2年付き合っても、料理も掃除まともにできない彼女を見ていて愛想がつきた」(26歳/エンジニア)

端っこが苦い焦げ付いた料理も、ちゃんと落ちきっていない汚れ付きの皿も、最初は許せても何年も続けば愛想が尽きるというものでしょう。

優しい彼にふにゃーんと甘えて寄りかかっていると、突然「ゴメンもう無理だわ」と通告されてしまうかも。
「女子力www」と馬鹿にしていると痛い目にあうかもしれません。呆れられないためには成長、努力をしている姿を見せましょう。

4.試されたとき

「喧嘩をしたときに『こんな辛いなら別れたい』と彼女から言われ、それもいいかもなと思い別れました。彼女はそのつもり無かったみたいだけど、いいきっかけになりました。」(28歳/アパレル)

突き放すことでもう一度彼の心を取り戻したかったのでしょうか。場合によっては別れをチラつかせることで「そんなの嫌だ~」と彼が追いかけてくれることもあるでしょう。

ですが、反対に「それもありだね」と去っていかれることもあるのです。

彼の本心を試すこの行為は諸刃の剣!自分から別れのきっかけを作ってしまうことになるかもれません。

おわりに

喧嘩や浮気だけが別れの原因になるわけではありません。
付き合って期間が経つと油断や甘えが生まれてくることがありますが、そのちょっとした気の緩みが別れの原因になることも。

彼の気持ちを好きなようにコントロールすることはできないので、喧嘩や行き違いから生じる小さな違和感や不満を少しずつ解消していくことが、長続きの秘訣なのではないでしょうか。

(松宮詩織/ハウコレ)

関連記事