2015.02.10

それじゃあ恋も始まらない!恋したいなら見直すべきこと・4選


せっかく好きな人が出来ても、相手に好かれないと何も始まらず散り行く恋となってしまいます。

彼には他の好きな人がいたから。元カノとまだ切れていなかったから。理由は様々ありますが、第一の敗因はあなた自身にあります。

なぜ、恋に発展しないのか。今一度、あなた自身を振り返ってみましょう!

1.自虐が多い

「“私なんか~”とか“あの子の方が~”って言うのが口癖みたいになっている子と一緒にいると気が滅入る」(学生/22歳)

自虐が多い人と一緒にいても楽しいと思わないですもんね。
絶対に話すな!とういう禁句ワードではありませんが、頻度を考慮することがカギになってきます。たまに言うからこそ「そんなことないよ」と思ってくれるわけで・・・。

毎度のように自虐ネタを投入してくる女性に対してはどんなに気があろうと「くどいな」と男性は思ってしまう様です。

また、自虐は雰囲気も関わってきます。重い雰囲気で「私なんかデブだし」と言われてはいじりにくさも倍増。

あっけらかんとして「私デブだし☆」と言ったほうが場の空気も明るくなります。ですが、「明るいデブキャラ」認定されてしまう恐れがあるのでご注意!

2.ありのまま過ぎる

「化粧しないのがデフォルトな女性はさすがに引く」(学生/20歳)

「服も髪型も飾らなさ過ぎて、恋愛とか異性には興味がない人なのかなって思う」(学生/23歳)

男性は「ナチュラルを好む」といった情報を過信しすぎてしまったのか。
あるいは、「ありのままの自分を受け入れてくれる男性じゃないと嫌!」という強い信念の表れなのか・・・。

お化粧で女性は180度変わることが出来ますが、そこまでする必要はありません。女性のマナーとしてもお化粧をすることは必要になります。

女性らしさを出して男性からあなたの存在を認めてもらわずしては、「ありのままのあなた」を受け入れてくれることはないでしょう。

3.言葉遣いがわるい

「どんなに綺麗な人でも言葉遣いが悪いと、深い関係になろうとは思わない」(学生/20歳)

言葉遣いだけでも、その人がどのような人なのか判断材料になります。
男らしい言葉遣いだと、異性の友人は増えると思いますが所詮「友人止まり」の関係で終わってしまいます。

それ以上の発展を望むなら、普段の言葉遣いや笑い方を見直してみましょう。

4.自分から動かない

「告白は男から!って女性がいるけど、性別で役割みたいなのに当てはめなくてもいいと思う。男性でも自分からいけない人もいるから・・・」(学生/20歳)

「相手にお誘い待ちをし続けられるよりは、自分から来て欲しい」(学生/23歳)

「告白は男性から」という考え方はそろそろ払拭しましょう。

彼と良い雰囲気だったのにお付き合いまで発展しなかったという失敗で終わらせないためにも、なりふり構わず行動することをお勧めします。

終わりに

「恋がしたい!」「彼氏が欲しい」と嘆く前に、あなた自身を磨くことが大切です。

そして、この人だと思ったのであれば思い切って行動に移してみてください。
きっと素敵な恋が始まりますよ!

(佐久間 優/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事