2015.02.10

楽しいデートは良い恋の必需品!「デート中に気をつけたいこと」とは?


付き合いたての頃、または付き合う前のドキドキデート、緊張しちゃいますよね。
そんな緊張から、ついついやってしまいがちな「ダメデート」の落とし穴や、タブー。

今回は、そんな「デートの時に気をつけたいこと」と、突然のトラブルにも負けない魔法の言葉をご紹介します。

1.相手を値踏みしない、減点法で見ない

待ち合わせに遅刻したらマイナス10点、洋服がダサかったらマイナス20点、車道の方を歩かせたからマイナス5点、口がタバコ臭いからマイナス30点…などなどデートの相手を減点法で見てしまうこと、ありませんか?

デートは面接でもジャッジする場でもありません。一挙一動そんな目で見ていては、ら帰る頃にはもうマイナス100点超えちゃいます。減点法ではなく加点法で見てあげてね。

2.男性の存在を匂わす発言はタブー

ちょっと小悪魔を演じたいためか「この前同じバイトの◯◯くんとランチ行った時ね~」とか「先週合コン行ったら本当つまらなくてスグ帰って来ちゃったー」というような、

たとえ【ただの男友達】だとしてもデート中に他の男性のことを出したり、男性と遊んでたなんて事は言わないであげてください。

貴女にとってはただの男友達でも、目の前にいるデート相手からしたら面白くない会話。わざわざそんな落とし穴にハマるのは避けましょう。

3.自虐ネタは絶対禁止

ちょっと笑わせようとか、楽しませようとして使いやすいのが「下ネタ」と「自虐ネタ」ですが、コレは落とし穴どころではなく地雷です。相手男性が言ってたら笑ってあげるのは良いですが、便乗して女性がコレを言っちゃダメ。

自虐ネタはプロの女芸人でも難しく、上手くいっても恋愛対象から外れてしまいます。
特に女子会ノリの自虐ネタは男性からするとかなりレッドゾーンな事が多いので気をつけてくださいね。

「私全然モテなくてさー、男日照りでもう何年も彼氏いないんだー」とか「この前ブーツ脱いだらスッゴク臭くて」とかは生々しすぎて笑いにもなりません。ご注意を♪

4.トラブルを反転させる魔法の言葉「逆に楽しい♪」

自分がいくら気をつけてもデートにトラブルはつきものです。夕食のお店を予約したハズなのに予約が取れてない、相手が待ち合わせにダサすぎるファッションで来た、突然の雨、などなど考えるだけでもいっぱいあります。

でもそんな時に使えるトラブルを反転させる魔法の言葉、それは「逆に楽しい」です。
トラブルがあったり、思った通りではない展開になったらすかさず「逆に楽しい♪」と言ってみてください。

マイナスのその場をプラスに変えられる、笑いに変えられる女性はとても素敵で、それだけで惚れられちゃいますよ。
同じような言葉で「そんな日もある♪」とか「そうきたか♪」という言葉も使えますよ。

吉井奈々からメッセージ

お互いが「良いデートだった」と思えるデートにするには、何よりもデートを楽しむことが重要です。そのためにもマイナス目線や地雷には気をつけて、悪いことやトラブル、ネガティヴ要素をポジティブに変える「ネガポジ変換」をやってみてください。

どんな時も笑いに、笑顔に変えられるユーモアのある考え方の女性は男性からしたら宝石のような存在です。

「この子となら、これから何年一緒にいても笑顔で幸せに居られるな、隣に、側にいてほしいな」と思ってもらえますよ♪

(吉井奈々/ハウコレ)

関連記事