2015.02.12

彼女と別れるって言ったじゃん!彼が煮えきらないワケ・4つ


彼女がいる男性といい感じになっちゃった。「彼女と別れるから待ってて!」と言われたからずっと関係持続しているけど、待てども待てども進捗はなく。

こんなとき、彼は一体何を考えているのでしょうか。実際に「待ってて」の言葉を使ったことのある男性に直撃取材を決行し、その頭の中を覗いてきました。

1.彼女と別れるのはもったいない気がする

「『彼女と別れるから待って欲しい』と言ったものの、結局別れられなかった経験があります。
新しく気になり始めた女の子を、彼女より好きだなとは思うのですが、なんとなく長く付き合ってきた彼女を捨てるのはもったいない気になっちゃって」(25歳/商社)

意思決定論の中に「損失回避」という理論があります。人間は得ることより失うことを恐れる、というもので、例として、100円を得る喜びと100円を失う悲しみの感情を比べたとき、失う悲しみが2倍以上大きいというもの。

この理論に沿えば「お前の方が好きだよ」という男性の言葉、あながちウソではない。ただ、もともと付き合っている彼女と別れるには、彼女の2倍惚れさせる必要があるだけなのです。

2.完全にアソビ

「彼女がいるってわかっているのに関係を持ってくれる女の子なんて最高じゃないですか。面倒なこと言わないし、聞き分けがいいし。
『彼女と別れるから待ってて』なんて、都合のいい女を逃がさないために言ってるだけですよ」(21歳/学生)

これが理由だった場合は、ご愁傷様ですね…。もう成仏する気持ちで関係を清算しなければなりません。

そもそも彼女がいるのに他の女子に手を出すような男性と付き合ったとしても、また同じことを繰り返す気がしてなりませんが。
体の関係を持ってしまった後に付き合うのは、非常に危険です!

3.別れたいけど別れられない

「メンヘラ気味の彼女だったから、別れをほのめかしただけで『死んでやる!』って。
新しく出会った女の子には申し訳なかったけど、危険な目にあわせないためにも、別れるまでの半年ずっと待たせてしまった。
先月無事別れられて、その子とお付き合いをスタートできました」(24歳/飲食)

理由がきちんとあって、別れられないパターン。これについては、問題が解決できれば彼とのお付き合いは可能です。

男性の言う「待っててほしい」の理由が何かをはっきりさせ、自分から見て本当に今別れるのは不可能だと納得したのなら、そのまま気長に待つのもアリですね。

4.相手もそれでいいと思っている

「今思えば無理していたのかもしれないけど、僕が『彼女と別れるから』って言っても、その子は『別れてほしいわけじゃない』って言ってたんだよね。
『いや、こんな関係良くないから』って正義ぶりつつ、内心それならこのままでってズルズル」(26歳/金融)

本当は別れてほしいのに物わかりのいい女を演じたら、男性は「ラッキー」くらいにしか思わないでしょう。

相手もそれでいいと思っている、とお互い合意の空気をつくったらもう男性は行動を起こさないと肝に銘じて、自分の発言には注意を払うべし。

おわりに

いかがでしょうか。「彼女と別れるから待ってて」と男性から言われたのなら、待たなければならない理由は何なのか・自分はそれでいいのかをしっかり考えて、後悔のない今後の選択をしてくださいね。

(倉持あお/ハウコレ)

関連記事