2015.02.12

時代とともに・・・今は「変態的」でなくなった「カップルのエッチ」4選


ネット上に「女子向けのエッチなサイト」がたくさんできたからか、ひと昔前に比べて「**をしたら変態だ」というような表現がすごく減ったように思います。

今回は、ちょっとばかり年長者の男女に、昔は変態プレイだったけど、今は定番のエッチになったこと、についてお話をお聞きしてみました。
さっそくご紹介しましょう!

1.手を縛る

「彼の手を縛ってプレイするというのは、昔はSMバーの定番でしたが、今はピンクのファーをあしらっている手錠がふつうに売られていたりして、すっかり当たり前になったと思います」(39歳/派遣OL)

たしかにこの証言のとおりだと思います。昔は縛る=SM=変態!といったイメージでしたが、最近では「ちょっとSっぽい人が好き」とか、「SとM」という話自体がエッチにかかわらずその人のキャラクターとしても語られるようになりました。

同じく、縛ったり目隠ししたり、ぐらいなら「いつもとちょっと違うエッチ」というような感じで受け入れられえていますので、マンネリ回避のためにもいかがでしょうか。

2.コスプレ

「今の若いひとは、ふつうにコスプレをしますが、コスプレは昔は変態的と言われたものです」(40歳/主婦)

イベントでふざけて制服を着てみる、なんてのもありますからね。とくにセーラー服や体操着のコスプレは、着る方も変態と言われ、当然着せるほうも変態と呼ばれていました。

ロリコンと揶揄されていたりもしました。今はふつうですよね。
高校を卒業しても制服を捨ててはいけないなんて、ふつ~に言われていますし、邪魔くさいと言いながらも、ふつ~に捨てないで取っておく女子もいますもんね。

3.おもちゃでヨガる女子・・・

「昔はおとなのおもちゃを用意して彼女と会うというのは、すごく緊張したものです。彼女が『あなたってスキモノの変態?』と言っていたほどです。
今はふつうにラブホの自販機で売ってますよね」(39歳/会社経営)

これもこの証言のとおりです。若い男女に取材しないとわかりませんが、今の若い女子はおもちゃでイカせてくれて当たり前くらいに思っているのでしょうか。

4.女子が何回も求める

「昔は女子が何回も求めてくるなんて、考えられなかったです。1回か2回イったらおしまいでしたが、今の女子は、何回も求めてきますよね。時代も変わったなあと思います」(40歳/IT企業役員)

これは、昔のエッチは男性優位だったということではなく、男女ともにおおっぴらにできないことを抱えつつエッチしていた、ということです。

昔は今のように「とても入りやすいラブホ」なんてなかったのです。ラブホに入っても、カップルは「恥じらい」に支配され続けていました。そういう意味では、とても残念な時代だったわけです。

おわりに

いかがでしたか?
たとえばこういうエッチなコラムも、昔は臭ってくるようなエロ雑誌とかスポーツ紙に書かれているものでしたが、今ではライトにポップにおしゃれになり、多くの若い女子が読めるものになりました。

怪しげなヤバイ世界が、「すごく一般化」されて、誰もがエッチを自由に楽しめるようになった平成27年。
ぜひ彼氏と、自由にエッチを楽しんでみてはいかがでしょうか。

(ひとみしょう/ハウコレ)

関連記事