2015.02.14

「嫌われたくない・・・」はキケン!?男性に利用される女性の特徴・4選


好きな男性には嫌われたくないものです。それは乙女として当然のことです!

けれど、ただ嫌われたくない一心で男性にアプローチしていると、たとえ付き合えたとしても幸せにはなれないかも!?

どうして男性に嫌われたくない女性が幸せになれないのか…具体例を挙げながら紹介いたします!

1.顔色をうかがい過ぎる

「前に付き合ってた子がそうでしたよ。僕が少しでも不機嫌そうになると、ひどく怯えたような顔をして必死で謝ってきてました。
あれ、危ないですよ。男の方が、『自分が機嫌を悪く見せたら都合よく動いてくれる』と思って、主従関係が成り立っちゃいますし」(20代/IT)

嫌われたくないあまり男性の顔色ばかり気にしていると、嫌われなかったとしても対等な恋人として付き合うのは難しくなりそうです…

顔色をうかがいがちな人は注意してください。相手を怒らせないように努めるだけでは、いい関係を築けません!

2.聞きたいことが聞けない

「職場の女の子が僕に相談してきたことがありますよ。『彼氏が浮気してるかもしれない。でも、私のこと疑り深いヤツだと思って嫌いになったらどうしよう…』って。
かわいそうだけど、あの感じだと男は好き勝手やってるでしょうね。その子がなにも聞けない子だって分かってるでしょうから」(30代/美容師)

聞きたいことがあっても聞けないと、消極的な態度が男性に伝わってしまいがち。

そのせいで、性根の悪い男性は「コイツはオレに嫌われるのビビってなにもできないし、浮気も平気っしょ♪」と好き放題にやってしまうようですよ…

もし聞きたいことを言ってカンタンに怒る男性だったら、そもそも関係自体を考え直した方がいいのですが…

3.断れない

「頼まれたら断れない子は要注意ですよね。もういいように扱われるっての確定してるようなもんですよ。悪い男って、女の子の弱い部分に付けこむの得意ですからね。
『俺のこと好きなんでしょ?』なんて言ってどんどん貢がせたり平気でするから、断れないってのはけっこうヤバい欠点ですよ」(20代/アパレル)

かなりコワいことを言ってくださいました!(汗)
けれど、言われてみれば納得がいきますよね。好きな相手に嫌われたくない一心で、頼まれたこと全部引き受けてたら…想像するだけで恐ろしいですよ!!

普段から頼まれごとをついつい引き受けるという方は、キケンな兆候かもしれません……自分の振る舞いを見直してみてください!

4.なんでも許す

「遠距離中に浮気してしまったことがあるんです…寂しさから、つい…
帰省のとき、地元にいる彼女にそのことを正直に打ち明けました。別れを告げられても仕方ないと思ってたんです…けど彼女がこう言ったんです。
『ゴメンね、寂しい思いをさせちゃった私が悪いんだよ…』…僕はあれほど責任を感じていたのに、心配して損しましたよ」(20代/大学生)

これはまた浮気されてしまう臭いがぷんぷん漂ってますよ…!
男性の非を許して、その上男性ではなく女性自身に問題があったから、なんて言ってしまうと、もう女性が自分から不幸になる気満々という感じです。

「相手ではなく、常に自分が悪い」と自分を責めがちな人は危うい可能性ありです!!

おわりに

嫌われたくないあまり、常に自分に非があると思い込んだり、不満を溜めがちな人は不幸になりがちみたいです。

いつでもニコニコ笑顔で過ごせる男女はステキですが、おたがいの信頼関係を深めるには本音の衝突だって時には必要。それって家族や友達でも同じことが言えますよね?

だから、男性から嫌われたくないからといってまるで召使いのように言いなりになってしまうと、それはカップルとは呼べないのではないでしょうか!?

心当たりのある方は、一度男性に対する態度を思い返してみてください。取り返しのつかないことになる前に…!

(大西 薫/ハウコレ)

関連記事