2015.02.14

これがあれば有利!?気になる「恋のギブ・アンド・テイク」


街の恋人達を観察してみると、「美男美女」「チャラ男とギャル女」など似た者同士が多いですが、なかには「美女と野獣」な組み合わせも見かけますよね。

傍から見ると「釣り合ってないのになぜ?」と違和感を覚える夫婦やカップルも、容姿などパッと見てわかるもの以外の、欠陥要素を補う何か、付加価値を有しているからこそ、均衡がとれて付き合っているわけです。

そう、まさしくこれが「恋のギブ・アンド・テイク」。
「愛し愛される対等な関係」というよりも、本来はこういう意味なんですね。
ということで、今回はカップルの色々なギブアンドテイクをご紹介します。

1.年齢

「もうこれはよく言われることだけど、男性にとっては年下の女性、女性にとっては年上の男性。
年上の男なら人生経験積んで経済力がある時点で、多少ブサメンだろうが射程範囲内だし、男性は本能的に若い子を求めるしね」(25歳/メーカー)

生まれたのが早い、遅いというだけでなぜか惹かれてしまう年齢マジック。
男性は本能的に、より多くの子供を産める可能性のある女性を選ぼうとするそうです。

確かに男性よりも女性の方が、外見の良さを求められる傾向にはありますが、それ以上に大きな武器となるのが、女にとっては「若さ」だと言えるでしょう。

2.振り向かせるための努力

「美女と野獣と言えばフジモンと木下優樹菜じゃん?容姿だけ見たら不釣り合いだけど、テレビで見かけたら微笑ましい夫婦だなって良い印象の人が多いと思う。
ああいうキツイ性格の女を受け止めて笑いに変えられるのはフジモンだけっしょ」(20歳/学生)

あるインタビューで、「今までは好きな男性の好みに合わせようとして苦しかったけど、フジモンは気を遣わなくていい。
『ブサイクだから頑張らないとダメなんだ』って私のために尽くしてくれるのが嬉しかった」と語ったユッキーナ。

フジモンが足りない要素を自覚して、必死に振り向かせようと努力した結果ですね。
好きな相手が苦しんでいる時に親身になって話を聞いたり、誕生日にサプライズしたりと、まずは「普通の友達よりチョット上」の存在になれるよう努力すべし!

3.家庭力

「人によるけど、家事できない美人と家庭的なブスなら僕は後者かな。
外見は生まれつきのものでその人の努力の問題じゃないけど、料理や裁縫は今までお母さんのお手伝いしたり、自炊したりする中で身についたものだし、人間的にも魅力を感じるよね」(22歳/金融)

「男性を落としたいならまず胃袋をつかめ」と言われるように料理が上手、部屋の手入れが行き届いているなど、家庭的な一面が垣間見えるだけで好感度はグッと上がります。

なかには「ブスを毎日抱くなんて吐き気がする」なんてことを口にする人もいますが、実際外見より家庭力重視の男性もいるわけなので、酷い意見には耳を貸さず、家庭的な女性を目指してみましょう。

4.経済力

「同棲中の彼氏は整った顔なのに、ろく就活もせずフラフラしてる典型的なヒモ男。
一方、お世辞にも可愛いとは言えない外見のせいで恋愛経験のなかった私は、ヒモでもいいからイケメンをゲットしたくて必死でした。
あれよあれよと言う間に私の家に転がり込んできましたけど」(23歳/公務員)

「彼氏さんはイケメンだけどヒモ、彼女さんは外見はイマイチだけど働いて稼いでいる」というギブアンドテイクですね。
少し危険な匂いもしますが、本人たちがそれで幸せならこういう形もありなのかなと思います。

共働きが一般的になった今、女性にも「経済力」を求める男性が増加。
「男は中身や経済力、女は外見」というのはもう古い考えで、今や経済力は男女変わりなく一つの判断基準になっていると言えるでしょう。

5.好奇心旺盛

「僕はインドア派なんですが、彼女がとにかく好奇心旺盛なんです。出会ったときから、あれを見に行きたい、これを知りたい・・と次々におもしろそうなことを見つけては教えてくれて。
好奇心旺盛な女の子って魅力的だし付き合おいたいなと思いますよね。」(21歳/会社員)

「彼はインドア派、彼女はアクティブ派」という形の、ギブアンドテイクですね。
何事もわくわくして取り組んでいる女の子は、魅力的ですものね。そんなところに男性は惹かれてしまうのかも!

おわりに

いかがでしたか?

謙虚な人ほど「どうせ○○君と私は釣り合わない」などと始まる前に終わらせてしまう傾向にありますが、いやいやもったいない!

どんな形であれ「ギブアンドテイク」さえ成立すれば可能性は充分にあります。
変に自粛したり諦めたりしないで、あなたにしかない魅力を磨いていきましょう!!

(成瀬いづみ/ハウコレ)

関連記事