2015.02.15

それ効きません!逆効果になっちゃう「女子のアピール方法」4選


気になる男性にアプローチしたい時、どんなアピール方法を使っていますか?
その方法、ちゃんと狙い通りの効果を生んでいますか?女性から見ると「効果があるかな!」と思っている方法でも、男性からすると「全く魅力を感じない」こともあるようです。

そこで男性に「使われても全く魅力を感じないけど時々女子が使っているアピール」について伺ってきました。

1.仕事が忙しい・仕事ができる女性アピール

「ちょっと仲良くなった子と一緒に出かけた時に一緒にいてもいつもスマホをいじっていて、電話で仕事の対応をしている姿を見て感じが悪いなと思いました。
仕事ができる女性に見せたかったのかもしれないけれど、一緒にいる時に仕事をするのはNG。
そんなに仕事が忙しいなら『その日はちょっと仕事が詰まってて無理』と別の日に変えてもらった方が良かった。」(26歳/マスコミ)

デート中の仕事の電話やメール対応は「仕事ができない女性」の特徴。

勤務時間や残業中に忙しいのは仕事ができる女性ですが、デート中にも仕事をしているような女性は、できる女性とは見られず「一緒にいる俺の時間もムダにしている女性」としか見られないので注意!

2.モテるアピール

「過去にどれだけ付き合ったとかモテたとかそういう話をする女性は遊んでそうでイヤ。
それにそんなに多く付き合った中の1人として自分が扱われるのもイヤだからまじめに付き合おうとは思わないですね。」(25歳/貿易)

「私今まで○人と付き合ってきた」「最近新しい男性に誘われてる」などのモテるアピールをする女性は誰でも相手にする軽い女として見られてしまいます。

それよりも「あんまり付き合っている人がいないということは、なかなか手に入らなそう」と思わせるか「俺のことだけを見てくれそう」と思わせる方が効果的なようです。

3.露出度高めアピール

「露出度の高い服を着ている女性を見ると他に勝負するポイントがないのかなと残念に思う。
こっちはまずは友達として付き合っていきたいなと思っていても、身体をアピールされたらついのっちゃいますよね。
でも本気になることはないので遊んで終わりです。」(26歳/建設)

露出度を高くしてアピールする女性は、男性から見ると恋愛対象というよりも性の対象になり遊ばれて終わってしまう可能性が高まります。

また「身体しかアピールする点がないの?」と見られてしまう危険もあるので、いくら身体に自信があってもそこを武器に使うのはやめた方が良さそう。まずは顔や雰囲気、性格で勝負して!

4.可哀想な子アピール

「合コンで知り合った子と遊びに行った時に、突然『うち母子家庭で生活が苦しくて…』と言われて引きました。
同情を引いて気をつなぎとめておきたかったのかもしれないけど、出会って間もないうちにそんな話をされても重いだけです。」(24歳/WEBコンサル)

男性に心配してもらって気を引こうとして「可哀想な子アピール」をする女性がいますが、まだ相手のことをよく知らない段階で悲しい話や同情するような話をしても、男性からすると重いだけです。

まずは普通に付き合っておいて、親しくなってから打ち明けた方が「一人で頑張らせてごめんな、もっと早く話してくれたら良かったのに…」と好意的に受け止めてくれる男性が多いようです。

おわりに

気になる彼ができた時に思わずやってしまっていたアピール方法はありませんでしたか?

「こんなイメージで見せたい」と思いこれらのことをやっても、狙い通りに行かないことが多いようなので、これらの方法を使うのはやめておきましょう。

(栢原 陽子/ハウコレ)

関連記事