2015.02.17

マイナス効果!男性がぐったり疲れる「女子の気遣いデート」・4つ


男性と一対一のデートとなれば、とにかく好印象を残したいですよね。
男性は自分勝手な女性がイヤだと言いますし、「私中心にならないよう、男性の気持ちも考えて行動しなきゃ!」と気合を入れるのはいい心がけです。

…とはいえ、あまりに男性中心に行動し過ぎると、かえって逆効果の可能性が!?
というわけで、今回は男性に気を遣い過ぎてマイナスな行動を紹介いたしましょう。

1.意見を合わせ過ぎ

「女の子にどこ行きたいか聞いたら、全部僕の行きたいところにって言われたんです。
僕ばっかりだと逆に申し訳なくなるし、その子の行きたいところへも行きたかったんですけど…」(30代/営業)

男性の要望に応えるのはいいのですが、男性の要望100%だとかえって男性が気を遣ってしまうみたいですね。男性に全部決めさせるのも、それはそれで負担をかけることにもつながります。

「私も行きたい所へ行けて楽しい!」という姿勢を見せた方が、男性ウケもいいですよ!

2.謝り過ぎ

「デート中に女の子のお手洗い待ちしてたときの話ですけど。その子がトイレから走って出てきてものすごく謝られたんです。別にちょっと待つのは全然いいし、軽く『ゴメンね、お待たせ』って言ってくれるだけでよかったんですけど」(20代/大学生)

相手に申し訳ないなと思う気持ちがあるのはとてもいいことですよね。
けれど、ちょっとしたことで必要以上に謝られると、男性は困ってしまいます。あと、重い女性だと思われがち…いろんな意味で謝り過ぎは禁物ですよ!

3.サービスし過ぎ

「はじめはよく気が利く人だという印象でした。
しかし、一緒にいるにつれて段々と会うのが億劫になりはじめたんです。食事に行ったら必ず取り分けてくれて、話していたら全部リアクションを取ってくれるんですが…
向こうが必死にサービスしてくれているみたいに思えてきて。それだと相手は僕といても楽しめないでしょうし、僕だって逆に気を遣ってしまいます…おたがい疲れるだけですよ」(30代/公務員)

気が利くのは男性ウケばっちりですが、度が過ぎるとかえって逆効果のようですね。それに、そんな接待みたいなデート、心から楽しめないですし…

男性も女性に楽しんでもらいたいと思っているのですから、女性が楽しんでいないと伝わるとあまり気持ちよくはありません。対等に2人で楽しめるデートを心がけましょう! 

4.自分のことをまったく話さない

「ペラペラ話す女性が苦手だから、僕の話をちゃんと聞いてくれるところに好感を抱いてました。
けれど話していて気づいたのですが、自分のことを全然話さないんです。こっちから話を振っても、適当に受け流してすぐ僕の話題になるんです。心を開いてくれてないんでしょうか…」(20代/SE)

自分の話ばかりする女性はウンザリされちゃいますし、男性の話をちゃんと聞く女性は魅力的です。

しかし、自分の話を一切しないようでは男性が距離感を感じちゃうので、適度に自分の話を織り交ぜながら話す方が印象アップですよ!

おわりに

あまりに男性に気を遣い過ぎると、かえって男性が不安や不満を感じてしまいます。
ほどほどの気遣いを心がけた方が、むしろ男性ウケはよさそうです。

それに、気を遣い過ぎると自分自身もデートを楽しめませんからね。男性との時間を楽しむためにも、適度な気遣いでいきましょう!

(大西 薫/ハウコレ)

関連記事