2010.11.30

本命カレに出会えるかも?ランチ合コンのススメ

 

一時期に比べ下火になっていますが、ランチ合コンは効率の良い出会いの場です。
昼間に行われるので、お酒が飲めない人でも気軽に参加出来るのも良いですね。
今回はそんなランチ合コンのコツをお教えします。 

人数は少なめに!

 人数は合計で6人までが、お店選びに楽な人数です。それ以上になると、ランチタイムの予約は難しくなります。

また、某結婚相談所が取った統計によると、カップル成立率が高いのは、男:女=3:3だそうです。お互いに名前を覚えやすく、誰かが話題に取り残されない人数なので、親密度が上がりやすいということです。ご参考に。




会費はお手頃価格

 1500円から2500円以内が無難でしょう。
1500円以下だと、ムードもなく賑やかな人達が集うお店の可能性が出てきます。
それ以上になると、お財布が痛いです。ちょいプチ贅沢レベルが良いと思われます。

 これでも夜に行う合コンよりは安いので、回数もこなせてしまいますね。

お店選びは個室がベター

 個室予約が出来るお店がベターです。他のお客さんに邪魔されず、食事や会話が楽しめます。
ぐるなびなどで探す際は、フリー検索「ランチ」「個室」で検索をかければ、ピッタリのお店が見つかりやすくなります。

ビュッフェタイプのお店は、相手と喋る時間が削られるので、あまり適していません。お得ではありますが。
            

タイムリミットが恋の始まりにも

 ランチ合コンのメリットは、時間制限がある点です。お店のランチタイムの多くは、午後2時頃に終わります。参加者にはあらかじめ終了時間を伝えておきましょう。
これが、合コンを盛り上げる要素の一つにもなります。

 人間は何か定められていると、その制限の中で精一杯のことをしようとします。相手の欠点を見つけるのも早いですし、素敵な部分を見つけるのも早いでしょう。

 相手がハズレだった場合、そそくさと切り上げられるのもメリットです。

夕方からデートの約束が可能

 昼間に素敵な人と出会えたら、その日の夕方からデートの約束が取り付けられます。展開の速さも、ランチ合コンのメリットの一つです。

 夕方の顔は、また違ったものです。一日で相手を様々な角度から見れますよ。

           

素顔を見るなら昼間

 夜に行われる合コンでは、どうしてもお酒がつきもので、アルコール作用と暗がりマジックで、相手が少しだけ良いように見えることがあります。
しかし、ランチ合コンでは、殆どの場合、お酒は出ません。それに、暗がりマジックも通用しません。これがランチ合コンの利点なのです。

さいごに

「チャラいのが苦手」「お酒はあんまり…」という人でも楽しめるランチ合コン。
素面が前提なので、真剣なお付き合いの相手を探すのにも最適ですね。

関連記事