2015.02.18

男子が「ラブラブなうちにやっておきたい」と焦りまくっている5つのこと


傍目にどんなにラブラブに見えるカップルであっても、その内情は意外とドロっとしていたりします。
恋愛に限らずなにごとも栄枯盛衰なので、「ラブラブなうちにやっておかなくっちゃ!」と、内心焦りまくっている彼氏だっているということです。

今回は何人かのラブラブカップルの彼氏に「ラブラブなうちにやっておきたい」と焦りまくっていることについてお話をお聞きしてみました。
さっそくご紹介しましょう。

1.おしゃれな店で食事をしたい

「彼女と一緒じゃないと入りづらいお店ってありますよね。インテリアがしゃれている飲食店などです。
そういう場所は男どうしでは入りづらいし、女友だちとでもちょっと……と思います」(25歳/広告)

たしかに彼女と一緒でないと入りづらい場所ってありますよね。

女子が感動する場所をたくさん知っていきたいと考えている男子は、彼女とラブラブなうちに「いろいろ見て勉強しておかなくっちゃ」と考えているわけです。

2.コスプレ

「ラブラブなうちにコスプレはしておきたいです。コスプレってラブラブじゃないとちょっとやりづらくないですか?」(26歳/飲食)

愛の力はまことに偉大で、ラブラブになってしまえば、コスプレも全然OK!となりますが、その時期を越えるとなんだか馬鹿馬鹿しく思えたりするので、二人の熱が高まっている時期にこそやっておきたいものです。

3.生脚をガン見したい

「生脚をガン見したいです。片想いのうちは、ガン見したら『この変態!』と怒られていたからです」(23歳/大学生)

愛の力はかくも偉大だということです。片思いの頃はできなかったことが、両思いになったらできるようになる。これこそが恋愛の醍醐味と言ってもいいんじゃないでしょうか。

4.彼女の部屋にあがりたい

「ラブラブなうちに彼女の部屋にあがりたいです。どんな部屋に住んでいるのか見たいのです」(24歳/建築)

とくに男兄弟のなかで大きくなってきた男子は、女子の部屋がいかなるものなのか、知らないことが多いのだろうと思います。愛されているうちに覗いちゃえ!という男心でしょう。

5.温泉旅行

「温泉旅行に行くと、かならずラブラブカップルが数組、温泉宿にいて、淫靡な雰囲気を醸し出しています。ああいうのに憧れているので、ラブラブなうちに温泉旅行に行きたいです」(22歳/大学生)

たしかに温泉宿に行くと、これからエッチするのか、それともエッチ終わりなのか……というカップルが宿のなかを浴衣姿でウロウロしていますよね。

思い出作りのために温泉に行きたい女子と、淫靡な雰囲気にやられてしまっている男子と……うまくバランスをとりつつ温泉に浸ってみてはいかがでしょうか。

おわりに

いかがでしたか?
ご紹介した証言にもありましたが、ラブラブカップルじゃないとちょっと行きづらい場所って、世の中にはいっぱいありますよね。
ラブラブじゃないとできないことも、いっぱいあります。

少々意地悪な言い方かもしれませんが、誰の人生も山あれば谷ありですから、最高潮に愛が燃え盛っているうちに、あんなことやこんなことをカップルでやってみてはいかがでしょうか。

同性の友だちと温泉宿に行って、ほかのラブラブカップルを指をくわえて眺める……というのは、男女どちらにとってもちょっと苦痛でしょうから、彼氏の焦りをうまく察して、彼とステキな思い出を作ってみるのもいいと思いますよ。

(ひとみしょう/ハウコレ)

関連記事