2015.02.19

言い方次第で愛されテクに!彼が夢中になる「可愛いヤキモチ」の焼き方・4選


彼に思わずヤキモチを焼いちゃうことってありますよね。ヤキモチは好きだからこそ焼いてしまうものですが、あなたのそれ、重くなっていませんか?

「ヤキモチは可愛い!」と言うイメージがありますが、言い方次第では「重い女」扱いになっちゃうんです。

それでは勿体無い!さっそく彼が夢中になってしまうような、可愛い~ヤキモチの焼き方を紹介しますね。

1.「見ちゃダメ~!」

「彼女と歩いてたときに、すごい好みの美人が通ったんだ。俺がその人のこと見てたら彼女が『見ちゃだめだよ~!』ってぎゅーって引っ張ってきて、不覚にも『か、可愛い・・・』と思ってしまった。」(25才/美容師)

彼が道行く人に目を奪われてしまっているとき、ありますよね。なんだかムッとしてしまうものです。

そんな時はこの作戦でいきましょう。TVに出てる女優さんなどに目移りしていた時も効果的かも。

2.「○○してくれたら許す!」

「彼女が焼いちゃって、俺が謝ってたんだ。そしたら『んー、じゃあぎゅってしてくれたら許す・・・!』っほっぺた膨らませながら言ってきて。それはもうすごい抱きしめましたよね。」(24才/クリエイター)

ヤキモチは焼いてるけれども彼にも甘えたい、と言う感情が出ている彼女さんが可愛いですね。

ついヤキモチを焼きすぎて怒りすぎてしまった時は、このひとことで彼の気持ちをグッと掴んじゃいましょう。

3.「妬いています・・・。」

「俺が知り合いの女性の話をしてた時。彼女が機嫌悪そうだったから『え、どうした?』って聞いたら『○○君が女の人の話するから、妬いています。』ってムッとした顔で素直に言われて、一瞬この子は天使なのかと疑いました。」(22才/学生)

ユニークなヤキモチの焼き方も可愛いですが、やはり素直に言ってしまうのも可愛いみたいです。

彼にヤキモチを焼いてしまったら、素直に自分が思っていることを伝えてみましょう。しかしあくまでも「伝える」だけです。怒ったりしないように注意!

4.「次のお休みは私がもらっても良い?」

「彼女に女性が来る飲み会に行く話をしたんです。そしたら『じゃあさ・・・来週のお休みは私がもらっても良い?』って首をかしげられて、即答して抱きしめました。」(27才/商業)

女性がたくさん来る飲み会に彼が行くと知ったら、少しヤキモチを焼いてしまいますよね。

しかしそこで「行かないでよ!」なんて言ってしまってはNG。「次は独り占めだからね?」と余裕を見せる独占欲で、彼にもっとあなたのことを惚れさせちゃいましょう。

おわりに

いかがでしたか?

たくさんの「可愛いヤキモチの焼き方」があるようです。これで彼ももっとあなたの「ことが好きになっちゃうはず。

彼に「可愛い」と思ってもらえるのは、「ヤキモチ」だけです。小さな「ヤキモチ」が、大きくなって「束縛」になってしまわないように十分に注意しましょうね。

(霧島はるか/ハウコレ)

関連記事