2015.02.19

SNSで「いいね」より10倍モテる! 4つのコメント術


みなさん、こんにちは。コンサルタントの木村隆志です。

今やSNSは、出会いやモテのツールとして欠かせないものになりましたが、「うまく使いこなせていない」「使っている割に全然モテない」という人も多いのではないでしょうか。

特に「出会いがない」「会話が苦手」な人ほど、SNSを有効活用して幸せを勝ち取って欲しいものです。

しかし、“いいねボタン”を押しているだけでは、出会いやモテは訪れません。重要なのは、男性たちの書き込みにどんなコメントをするか。
これがうまく書ければ、“いいねボタン”の何倍も好印象を与え、モテにつなげることができます。

1.できるだけ名前は入れたい

これはSNSというより、コミュニケーションの基本。名前を呼ぶ方も、呼ばれる方も、親近感を抱くものです。
これは恋人候補でも、浅い友人でも同じ。名前を呼ぶことで、「彼女は自分に声をかけている」という潜在意識を植えつけられます。

特に、ネット上のやり取りでは、名前を呼ぶ人が少ないため効果大。「〇〇くん」という言葉を混ぜるだけで、本人は他のコメントよりも気になってしまいます。

2.簡単&即効の引用コメント

たとえば、彼が「魚介系のとんこつラーメンを食べた」と書き込んだら、あなたは「魚介系のとんこつラーメン、私も好き!」。

このように相手の書き込みを引用することで、2人の間にちょっとした一体感が生まれ、引いては「気が合う」「好きかも」という気持ちにつながりやすくなります。

細かいポイントとしては、相手と同じ文字を使うこと。彼が「とんこつラーメン」と書いたのなら、あなたは「トンコツらーめん」と書いてはいけません。

たったこれだけのことでも、少しテンションが下がって、心から「気が合う」と思えないのが人間心理なのです。

3.彼の顔を思い浮かべて書く

SNSでコメントを書くときに考えて欲しいのは、相手の顔。「〇〇くんはどんな気持ちでこれを書いたのかな?」と考えた上で、相手に寄り添ったコメントを書ける女性はモテます。

たとえば、楽しそうな顔のときは楽しく、落ち込みモードのときは落ち込んで、意味不明のときは意味不明のことを書くと、喜んでもらえるでしょう。

なかでも注目して欲しいのは、彼が最も言いたかったところ。そのポイントに絞って書くことで、「多くの友人がいる中で、自分のために書いてくれた」という気持ちにさせられます。

4.「早い」「遅い」の緩急をつける

SNSをやっていて迷うのは、「いつコメントを書くか?」。男性が書き込んだばかりだと「早すぎてガツガツしていると思われないか」、1日後だと「遅すぎて今さらと思われないか」などと思いがちですが、決してそんなことはありません。
早すぎも、遅すぎも、「心に残りやすい」という意味ではむしろいいことなのです。

ベストは早すぎ、ふつう、遅すぎの3パターンがあること。その方が相手には自然体のように見えますし、「いつも気にかけてくれているな」意識して、誘いにもつながりやすいのです。

体温を込めたコメントを重ねる

これらの方法について、「あからさますぎない?」「他の子から嫌われるんじゃ……」という心配は無用。男女を問わず同じようなコメントを書いていれば、あからさまと思われないし、嫌われることもないでしょう。

そもそもパソコンや携帯電話の画面は、息づかいも体温も伝わらない、冷たい世界。それだけに、あなたの温かさを文字に込めて、相手に伝えて欲しいのです。
そんな温かいコメントが何度か積み重なることで、「いい子だな」「好きかも」という気持ちが芽生えることを覚えておいてください。

見た目ではなく、こうした方法でモテる女性は、恋人になったあとも大切にしてもらいやすいので、ぜひ覚えておいてほしいと思います。

(木村隆志/ハウコレ)

関連記事