幸せになるために身に付けたい、感情のコントロール方法・4つ


恋愛をしていると、嬉しいことや楽しいこともたくさんあれば、辛いことや悲しいこともありますよね。マイナスの感情が生まれた時はどうしていますか?
彼にそのまま伝えていると二人の関係は悪化してしまいますよね。

そこで、twitterでフォロワーが26万にもなるアカウント「いい女.bot」の言葉を集めた『いい女.book』より「幸せになるために身に付けたい感情のコントロール方法」についてご紹介します。

1.身近にある幸せを大切にする

「実は、人生の幸せ度は、「どんな感情をどれくらい感じたか」で決まると言われています。
楽しい、うれしいなど、ポジティブな感情をたくさん感じていれば幸せ度は高まりますし、悲しい、つらいなど、ネガティブな感情をたくさん感じていれば不幸になります。
人生にはさまざまな出来事が起こりますが、それに対して自分がどう感じるのかは自由です。その状況で、どんな感情を選択してもよいのです。」

何かが起きた時にそれをネガティブにとらえて悲しむ人もいれば、ポジティブにとらえてプラスの感情を生み出す人もいます。物事の捉え方はその人次第。

「不幸だ不幸だ」と嘆いていても本当は周りから見ると幸せに見えているかもしれません。まずは身近にある幸せに気づき大切にできるようになることが大切なようです。

2.寂しさを自分で埋める術を身につける

「寂しさは、誰かに埋めてもらうことはできない。自分自身で埋めなければ。
 あなたがどんなに明るくて人気者でも、ふと寂しくなる瞬間がきっとあるはずです。(中略)誰かに頼って寂しさを紛らわすのは、今日で終わりにしましょう。
そうでなければ、ずっと寂しさと仲良しのままです。寂しいと感じたときは、自分の好きなことに没頭してみましょう。」

寂しさを感じた時、ついつい友達や彼に連絡してしまう人は注意!それではいつまで経っても寂しさを埋めることはできないようです。
寂しくてたまらない時には趣味や自分磨きなど自分が夢中になれることに時間を使うのがオススメ。

ぼんやりと過ごしているとどうしても寂しさを感じて余計なことを考えてしまうので、頭や心を他のことで満たしてあげるのが良いようです。

3.人に尽くすことを苦に思わない

「自分以外の人のために一生懸命になれる。そんな女性は素敵ですよね。(中略)
そして、誰かのために何かをするという利他的な行動は、自分自身を幸せにするという実験結果もあります。(中略)
見返りなんて関係なく、誰かのために何かできる。それが、自分の人生の価値を上げ、幸せにしてくれるヒミツなのです。」

人に何かをお願いされた時「えっ…なんで私ばかり?」と思うのと、「相手が幸せになるなら頑張るか!」と思ってやるのとでは、「やる」という行為は同じでも自分の中での心地よさも変われば、相手に与える印象も異なります。

必ずしも自分のためになると思えなくても相手のために尽くすことは、結果的に自分に幸せを運んでくれるようです。

4.冷静になる時間を持つ

「女性は、感情の生き物だと言われています。男性に比べて、感受性が高く、感情表現が豊かなのです。(中略)
ところが、怒りや悲しみなどのネガティブな感情も、女性はなかなかそれをがまんすることができません。それはまわりにも伝わり、一緒に残念な気持ちにさせてしまいます。」

イライラした状態のまま言葉を発したり行動をとったりすると、本当に自分が伝えたいことが伝わらないまま物事が進み、状況が悪化するなんてこともあります。

だからこそ、イライラした時や悲しみがこみ上げてきた時には、一度冷静になる時間を作ってから対処法を考えるのがオススメです。

おわりに

感情のコントロールというと難しそうですが、今日からすぐにできそうなこともありますね。

幸せな状態を作り維持するためにも、感情のコントロールを今日から意識してみてはどうでしょう。

参考図書:いい女.bot著『いい女.book』ディスカヴァー・トゥエンティワン
(栢原 陽子/ハウコレ)