2010.11.30

肉食系女子は知っておこう!浮気の上手な隠し方

浮気を隠すのは、パートナーへの最低限のマナーです。隠すのも愛情なのです。
また、ご自分の身を守る為にも、浮気は隠すようにしましょう。

写真は撮らない

 プリクラを含め、浮気相手との写真撮影は、大変危険です。重要な証拠として、裁判や調停で採用されます。浮気相手にせがまれたとしても、決して写してはなりません。

 

 携帯電話の電池の中に貼られたプリクラ写真から、浮気がバレたケースがあります。自分は持っていなくても、浮気相手が貼ることがあるのです。写真は撮ってはいけません。

携帯電話

 浮気をする際はなるべく携帯電話を使わないほうが身のためです。ですが、それが不可能だという場合もあるでしょう。そんな方はこちら「浮気を隠す携帯電話の使い方」を参考にしてください。

クレジットカードは使わない

 明細から、「どこで」「何に」使ったのか分かります。ここからも、足が付きます。新たに発行したカードなら少しは安心ですが、その際、明細は自宅ではなく、別の場所に送られるようにしてください。

 

 新たなクレジットカードを作るなら、新規の銀行口座開設も併せて行うようにします。お金の流れを、パートナーに悟らせない為です。
            


SuicaやICOCA利用に注意

 交通機関で利用されるICカードは、利用履歴を券売機などで印字可能です。パスワード入力不要、無料で、「いつ」「どこに」行ったのか、バレます。買い物の履歴も出ます。

 

 SuicaもICOCAも、最大50件までプリントされます。ご注意ください。定期券の場合は、買い物履歴のみ表示されます。

ポイントカードの盲点

 お買い物にポイントカードを使う人も多いでしょう。これは、ポイントだけを記録するものではありません。「いつ」「何を購入した」のかも記録されているカードもあります。

 

 お店に頼めば、その記録を無料で提供してもらえます。浮気相手とショッピングの際は、ポイントカードも使わない方が無難です。

レシートはその場で破棄

 レシートには、客がどの時間帯にどんな組み合わせで来店したのか、記してある場合があります。その場でゴミ箱に捨てるようにしましょう。レシート一枚から、浮気が発覚するケースがあります。
           

車を使う場合の注意

 自家用車で浮気相手とデートする場合、カーナビを使うと、目的地の履歴が残ります。日時も記録されていますので、必ず消去してください。

 また、髪の毛などから、疑惑が生じる場合もあります。デートの後は、コロコロクリーナーなどでシートを掃除し、落し物が無いかも確認してから、車を降りるようにしましょう。

これらの方法は…

 実は、これらの方法を覚えていれば、パートナーの浮気を見つけやすくもなります。

 こちらと併せて、ご活用ください。『浮気の証拠を集める方法』

関連記事