2015.02.23

上手にコントロール!「素敵な女性だ・・・!」と感じさせる男性の立て方・4選


男性を立てることができる女性って憧れますよね。男性からしても、そんな女性を魅力的だと思う人は多いみたい。

しかし「男性を立てる」と言われても、どうやって立てるのが正解なのか、いまいち分からない、というのが現状じゃないでしょうか。
そこで今回は、男性が思わず「この人は素敵な女性だ・・・!」と思ってしまうような、男性の立て方を紹介します。

1.後ろからついていく

「自分を主張しすぎない女性が良いなって思う。どこに行くにも俺の前をガンガン歩くんじゃなくて、ちょっと譲ってくれたりすると『この人は素敵な女性なんだな』って自然と感じちゃうかも。」(27才/証券)

ガンガン男性より先に歩いてしまうと、「男性を立てている」感は失われてしまいますよね。「男性を立てている」感を演出するためには、男性の後ろをついていくのがベストみたい。

そうです。気分はカルガモです。男性のことを親も同然だと思い、後ろからついていくようにしてみましょう。

2.褒める

「やっぱり褒められるのは、いくつになっても嬉しいものだよ。『○○さんすごいです!』とか素直に褒められると、『こいつ分かってるな~』ってにやにやしちゃいます。」(26才/クリエイティブ)

男性を立てる模範としても有名なのがこの「褒める」行為。たしかに褒められて気分を悪くする男性はいませんからね。

自分にできないことを男性にやってもらい、「○○さんすごいです~尊敬~!」と褒めちぎってあげましょう。少しオーバーくらいがベストです。

3.感謝の気持ちを伝える

「この前職場の女性に助言したら数日後『○○さんのアドバイスのおかげで頑張れました!ありがとうございます!』ってわざわざお礼を言われて、『素敵な人だなあ』と思いました。」(27才/商業)

男性を上手に立てるには、感謝の気持ちを伝えることも大切みたい。お礼を言われることで、男性は尊敬されたように感じるそう。

男性に何かをしてもらったら素敵な笑顔でありったけの感謝の気持ちを伝えてみましょう。お礼を言われて嫌がる人はいません。ここぞとばかりに感謝しましょう。

4.見せ場は男性へプレゼント

「ゲーセンとかカラオケとか何でも良いけど、そういうもので一緒にいる女の子が自分より上手だったら嫌だな。俺の面子が丸潰れだし。」(20才/学生)

こう言った類のものに挑戦するときは、基本的には男性に見せ場をプレゼントです。何かで戦うことになっても男性にくれぐれも勝たないように気をつけましょう。

筆者は太鼓の達人の鬼コースで男性に勝ってしまい、相手にとても悲しい顔をさせてしまったことを覚えています。
そうならないためには、少し演技でも良いので、気になる男性の前では手を抜いてみましょうね。

おわりに

いかがでしたか?

男性の立て方はたくさんあるみたい。上手く男性をコントロールして、あなたにハマらせちゃいましょうね!

(霧島はるか/ハウコレ)

関連記事