2015.02.23

2人に魔法をかける!男子が「彼女と1日だけでいいから変えてみたいこと」4つ


カレとのマンネリを防ぐために、みなさんも普段からいろんな工夫をしているでしょう。
今回は、そんな悩めるオトメであるみなさんの助けになるような提案をしてみたいと思います。
ズバリ、「男子に聞く『彼女と一日だけでいいから変えてみたいこと』」です。

ほんのささいな変化でも、じっさいやってみれば案外2人にとっていい気分転換になるかもしれませんよ?

なんとなぁく感じているモヤッとしたマンネリムードくらいなら、これで綺麗さっぱり吹き飛ばせるはずです!
では、さっそく見ていきましょう。

1.デートプラン係

「いっつも俺が、レンタカー借りて、行き先決めて、夕食どこで食べるか決めて、それから……ってのを全部担当してるから、たまにはオール彼女主導のデートもしてみたいなとは思う。
たまにはお客さん的な立ち位置もしてみたいなと」(教員/28才)

これは楽しそうですよね。やっぱり、女子が企画するのと男子のとでは、いろいろとまったく違った色のデートになるはず。

お互いにとって新鮮で「たまにまた企画してよ」なんて恒例行事になるかもね。

2.お財布担当

「ぶっちゃけ、たまにはお金を全部払ってほしい。じつは最近彼女が奢られるの当たり前に感じてるみたいで態度が悪いからさ。
2人分払うって当たり前だけど大変なんだなってことを一度でも身を持って知れば、きっと気分良く奢れらせてくれる彼女に戻ってくれるはず。まあ、まさか俺からは言い出せないけどね」(営業/25才)

これは、カレへの感謝が足りないことのバチがあたったと考えるべきでしょうか……?
カレが「たまにはお前が出せ」と言い出す前に、自分の態度を見直しましょうね。

3.エッチのリード

「うーん、俺の彼女ってけっこうおとなしくて、それはベッドの中でも然り。
だから毎回とは言わないけどせめて一日くらいは、俺が最初から最後まで寝ててもいいくらいの積極的なリードを求むね」(大学生/21才)

デートのマンネリと、エッチのマンネリはまったく別物。
いくらデートが楽しくったって男子は不満に思っているかもしれません。勇気を出して、たまには大胆になって!

4.隣で歩く立ち位置

「正直あんまり不満はないです。強いていうなら、デートのときの2人の立ち位置かも?
 これを変えたら、案外今までとは違った雰囲気でデートができるかもね。ホラ、人ってカラダの右側と左側とでものの感じ方が違うらしいし」(大学生/22才)

これは、実際にやってみると思った以上に違いを感じるはず。
なれない立ち位置にいつもより緊張するかもだけど、その緊張感が良いスパイスになるんです。

5.呼び方

「いっつも名前にクン付けで呼ばれているけど、先輩みたいに『○さん』って呼ばれたいなぁ。
とくに、おしゃれなバーとか言ってそう呼ばれたら、なんか先輩の俺が連れてきてあげている感じでカッコイイじゃん」(ウェブ系/27才)

呼び方を変えることは、いわばちょっとしたコスプレをするようなものです。これも気分転換としてはナイスですね。

おわりに

どうでしたか?
みなさんも、本格的なマンネリ化が進行する前に、たまには一日いつもと違う過ごし方をしてみましょう。

きっとマンネリとは無縁な、いつまでも仲良しなカップルになれるはずです。

(遣水あかり/ハウコレ)

関連記事