2015.02.23

ディズニープリンセスを見本に!愛され女性になるための方法・4つ


「多くの人から愛されていて、素敵な男性とも恋をしている女性」と聞いて誰を思い浮かべますか?ディズニー映画に出てくるプリンセスもこの条件を満たしている女性ですよね。

そこで、講談社編集の『私に、魔法をかけて』より「ディズニープリンセスのように周りから愛される女性になるための方法」についてご紹介します。

1.ネガティブな意見を重く受け止めない

「「あなたは○○だから」「おまえは××」「そんなことじゃダメだ!」という周囲の言葉や決めつけに傷ついて自信をなくしたり、あるいは「どうせ私なんか……」と思いこんで、自分で自分に「呪い」をかけてしまったり。
自己否定につながるようなマイナスメッセージは「呪い」です。」

周りから言われる否定的な言葉はポジティブな言葉よりもどうしても重く受け止めてしまいがちです。

加えて心の中で「○○と言われた…」と何度も唱えてしまうと、それは自分で自分に「私は○○な人」というレッテルを貼ってしまうことになります。ネガティブな言葉は「そういう見方もあるんだな」という程度に留めて気にしないようにしましょう。

2.自分を受け入れる

「ありのままの自分を受け入れるというのは、欠点も悩みもある「これでしかない自分」「しょうがない自分」に、ある意味「あきらめ」をつけることでもあります。
「あきらめ」といっても、自分を否定して望みを捨てるのではなく、まず、こんな自分を肯定して、そこから出発しようという「ポジティブな開き直り」です。
プリンセスたちは、みんな、自信にあふれています。それは、自分を信じているから。」

どんなに完璧に見える人にも必ず欠点や悩みはあります。本人がどれだけ真剣に悩んでいたとしても、周りから見たら「そんなこと気にするほどのことじゃないよ」というものかもしれません。本人が思っているほど周りは気にしていないものです。

であるならば、多少悩みや欠点があっても「しょうがない自分」として肯定して、そこから始めるのが愛され女子の秘訣と言えそうです。

3.敵を味方にする

「女王に白雪姫の殺害を命じられた兵士は、白雪姫の優しさに接して殺すことができなくなり、姫を逃しました。(中略)
人の心は変わります。こちらの出方次第で相手の態度が変化することもあれば、自分が相手を誤解していたことに気づくこともあるでしょう。」

会社や友達でも「なんとなく苦手…」という人はいると思います。でも、その相手に対して「苦手…」と思って接しているとその思いは伝わってしまい、相手もあなたに対して嫌な印象を持ってしまいます。

それよりも、相手を自分の味方につけるくらいの気持ちで好意的に接することが誰もが幸せになる道へとつながるようです。

4.自分をあきらめない

「エリック王子に恋をしたアリエルは、その一途な思いを頼りに行動し、さまざまな障害を乗り越えて彼と結ばれます。(中略)
そこには、夢を叶えるには、最初から不可能だとあきらめず、とにかく最初の一歩を踏み出して、一生懸命やってみることが大切だというメッセージがあります。(中略)
変えられないことはあきらめて、変えられることを考えましょう。」

置かれた環境に対して「周りが悪い」と愚痴る人がいますが、変えられないことと変えられることがあります。中でも自分自信は変えられることの1つ。

自分に対して「もう年だから」「可愛くないから」「太っているから」と言い訳をするのではなく、自分自身をあきらめず目標に向かってがんばることが大切です。

おわりに

実際にやろうと思うと大変なこともあります。
でもディズニープリンセスのように周りから愛される女性を目指すなら、こういったことを意識して毎日を過ごしてみてはいかがでしょう。

参考図書:編集:講談社『私に、魔法をかけて』

(栢原 陽子/ハウコレ)

関連記事