2015.02.25

冬の冴えない肌をツヤ肌に変える「+1ステップケア」 



過酷な寒さが続くと同時に、最近気になるのが花粉の飛散。そんな肌環境が厳しい時期に優先すべきことと言えば、肌のポテンシャルを上げるケアです。
いつものスキンケアにプラス1ステップ加えるだけのお手軽な美容法。より効果を体感するためにも、今こそお肌の基本を見直して、乾燥知らずの艶やかなお肌を手に入れましょう。

肌のターンオーバーについておさらい

「お肌のターンオーバー」という言葉、みなさんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。ターンオーバーというのはお肌の生まれ変わる周期、もしくは肌再生のこと。専門的な話になりますが、「皮膚の基底層で誕生した肌細胞が、約4週間かけて角質層へと押し上げられ、さらに約2日間、肌表面に留まること」を意味します。
その周期が順調にめぐっていけば美しい肌を保つことが出来ますが、食生活の乱れや紫外線、血行不良、ストレスなどが原因でターンオーバーが正常に促されないと、肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。
本気で美肌を目指すなら、このような肌に関する知識を理解することは大切です。

見て触って確認出来る「肌の原点」とは

ターンオーバーから分かることは、今私たちが手で触り、目で確認出来る肌とは、約6週間前に誕生した細胞が原点ということです。
そこで、今の肌状態を観察してみましょう。約一ヶ月前から今日までにどんな食生活をしてきたか、ストレス度はどうだったか、質の良い睡眠はとれていたか……肌は内臓の鏡です。どんなに丁寧なスキンケアを実践しても、肌の乾燥が改善されないとか、肌が冴えないという人は、不摂生な生活が原因かもしれません。
明日の肌、春先の肌を快適な状態で過ごしたいなら、次の実践方法を参考にしてみましょう。

線と線が交差して出来る「チリメン小ジワ」を予防

一年の中で最も気温と湿度が低下する2月は、肌の乾燥が進みやすく、チリメン状の小ジワが目立ちます。これは老け込んだ印象につながるので、一日も早く解消すべき! 先ほどご説明したターンオーバーを意識して、肌の内側からふっくらさせるために優先すべきことは、美肌に特化した成分を摂り入れること。ターンオーバーを促し、抗シワに役立つビタミンAは必須。さらにシミ対策にはビタミンC、血行を良くするビタミンEがお勧め。この3つを同時に摂ると抗酸化作用の期待大! ビタミンACEを「エース」と覚えて日常生活に取り入れることがポイントです。

プラス1ステップが肌のテンションをアップ!

冬の時期、体は厚着をしたり毛布や布団を掛けて寒さから守りますが、顔は常に外気にさらされているため、乾燥や肌荒れなどトラブルに悩まれやすくなります。だからといって顔を毛糸のマスクで覆うことは出来ません。
そこでぜひ取り入れてほしいのがスキンケアアイテムの「パック」です。お勧めは洗い流すタイプ。洗顔後、肌表面に塗布して放置するだけでOK(メーカーによって放置時間は異なるので取説に従いましょう)。出来れば肌の保湿と同時に、肌の血行を良くする効果のあるものを選ぶと、肌にしなやかさが出てメイクのノリもよくなります。
どんなに忙しくても、湯船に浸かっている時や寝る前の洗顔後なら手軽に出来るはず。効果を体感したかったら即実践です!

さいごに

乾燥や小じわなど、様々なトラブルが表面化しやすい今の時期。美の底力を上げるために、自分の肌を見直してパックに託してみては。

(米村亜希子/ハウコレ)

関連記事