2015.02.25

マイナスイメージをふっ飛ばせ!男性がグッとくる「モテギャップ」5つ


ギャップは男性をオトす影響力があることは、みなさんもご存知ですよね。普段の印象がイマイチな人のプラスの一面は、かなりの高得点を期待できます。

そこで今回は、普段マイナスな印象をもっている状態からプラスギャップで男性に好印象を残す方法を紹介しましょう!

1.話しかけづらそうで話し好き

「けっこう暗めで声かけにくい子がいるんですけど、たまたま話したときその子がお喋りだったので驚きました。
まったく話さないイメージだったのに、見る目かなり変わったんですよ。喋ってるときに笑ったりしたらドキッとしちゃったくらいですし」(20代/クリエイティブ系)

「この人ホントに喋るの…?」って人が意外とお喋りだと、いい意味でギャップを感じて好感度が上昇しやすいようです。
気になる男性と普段話せていない女子は、「普段のキャラと違うし…」と引っ込んでしまわず、チャンスをうかがって明るく喋ってみると好印象を残せるはずですよ!

ただし、自分の話ばっかりするお喋りさんな印象を植え付けないように、ちゃんと男性の話を聞くように!

2.女子力低そうなのに料理が得意

「正直服装もかなり地味で化粧もパッとしない子がいるんですが、みんなで友達の家で宅飲みした時にその子がすげー料理できて好感度すごくアップしましたよ。
」(20代/大学生)

見た目の女子力が低くても、中身の女子力があれば印象アップ間違いなし。

そのため、宅飲みやBBQなど、料理テクニックを含む内面の女子力をアピールできる場ではここぞとばかりに発揮しましょう!家庭的な女子は男性全般に効果絶大ですからね♪

3.大ざっぱそうで字がキレイ

「普段笑い方も男っぽくて『なんかガサツな子でイヤだなぁ』って思ってた人がいるんですけど、その人に課題やるためにノート借りたんです。
そしたらビビリましたよ、字がすっげぇキレイなんです。話聞いたらけっこう部屋もマメに掃除しててキレイらしいんですよ。そういうギャップはかなりいいですよね」(10代/大学生)

ガサツっぽい女性は印象がダウンしやすい反面、清楚さや品のよさを魅せると急激なギャップで印象がかなり変わるみたいですね。

キレイ好きな面や丁寧な面は積極的に魅せましょう!

4.大人しそうなにちゃんと自分の意見を言う

「かなり大人しくて割りと受け身な印象の子が、ちゃんと自分の意見を言ってるのを見たときは惹かれました。
か弱すぎる印象だったんですけど、意外と強いところがある人って魅力的を感じます」(20代/編集)

大人しいのも度が過ぎると「弱々しい」印象になりがちですが、だからこそ芯の強い一面はかなり印象に残りやすいのです。

実際に受け身でおとなしいタイプの人はもちろん、そうでない人も「普段おとなしくてか弱い、けどいざというときは」というキャラ付けで試すことも可能です。

5.いざというときは言葉遣いが丁寧

「普段ことば遣いがかなり荒くて『コイツ絶対に育ち悪いんだろうな』って思う人がいるんですが、一緒に食事行ったときにちゃんと店員には丁寧な言葉遣いで話してたんです。
それから注意して見てたんですけど、上司とかにはキレイな言葉で話してるみたいなんです…それからちょっと気になりだしたんですよ。ギャップの威力はデカい…!」(20代/SE)


普段の言葉遣いがあまりよろしくない場合は、ちゃんとした言葉を話せるアピールがオススメです!

「男友達感覚で話してたし…」という人も、子どもや店員、目上の人など、相手によって上手に使い分けるところをアピールできれば、「意外にちゃんとしてるんだな」と思わせられますよ。

おわりに

自身で気になっているマイナス要素がある場合は、プラスな面もあることをアピールすればむしろマイナス印象を活かせるはずですよ。

マイナス印象に苦しむだけではなく、いっそのこと「これをギャップに変えてやる!」という気負いで自分を磨いちゃいましょう!

(大西 薫/ハウコレ)

関連記事