2015.02.25

世界で一番美しいのはワタシ!?「勘違い女子」の恥ずかし~い行動・4選


皆さんは「勘違い女子」に会ったことはありませんか?あなたの周りにも一人はいるのではないでしょうか。

世の中には「自分が世界で一番可愛い!」なんて思っている女性がちらほらいます。「勘違い女」で検索すると、たくさんの面白い画像が出てきますよ(笑)

しかし、もしかしたら笑っているあなた自身も「勘違い女子」と思われているかもしれません!そこで今回は、勘違い女子の行動を紹介します。

1.すぐに相談

「俺の周りに、すぐ相談してくる勘違い女子がいる。『この前した相談の続き気になる?』とか言ってくるけど、正直お前の話に興味ないから!」(21才/学生)

女性陣の皆さんは相談したい気持ち、分かるんじゃないでしょうか。誰かに話してスッキリしたくなってしまうんですよね。

しかし、その相談を「え、なになに聞きたいの??」と聞いてみたり、聞いてもいないのにずっと相談し続けることは「痛い」と思われてしまうみたい。勘違い女子認定を避けるためには、相談は限られた友達だけにした方がベターかも。

2.指輪=虫除け

「この前女友達が右手の薬指に指輪をはめていたので、『ついに彼氏できたの!?』と聞いたら『違うよ~。男が寄ってくるから、虫・除・け。』と言われて引きました。お世辞でも可愛いとは言い難いのに・・・」(25才/美容師)

さすがにコレは・・・。きっとこの女性は「自分はモテる!」と勘違いしてしまっているのでしょうね。

指輪をはめるとしたら、彼氏がいないのであれば他の指につけましょう。どうしても薬指につけたい時は「サイズ間違えちゃってこの指しか入らなくて・・・///」と照れてみましょう。そうすれば勘違い女子認定は避けられますよ!

3.リップサービスを真に受けて自慢

「女友達に『この前キャッチのお兄さんに目がキレイですねって言われちゃった!そんなにキレイかなぁ?』と見つめられたけど、目真っ黒でコワイし、お兄さんたちは誰にでも言っていると思うんだ・・・。」(23才/アパレル)

普段褒められるのに慣れていないと、少し褒められただけでも異常に反応してしまうんですよね。筆者も高校生の頃、ティッシュ配りのお兄さんに「可愛いね」と言われて「そ、そんなことは!ないです!」と真に受けてガン照れした記憶があります。恥ずかしい(笑)

真に受けるのも恥ずかしいですが、それを自慢するのはもっと恥ずかしいこと。周りの人には言わず、心の中にしまっておきましょう。

4.年齢確認を心配

「同僚と飲みに行った時に『どうしよう!今日年確できるもの持ってないかも。わたし絶対疑われちゃうよね?』と言われた。アラサーが何言ってんだ!」(28才/証券)

出ました!「わたし若く見られるから」自慢!ハタチを過ぎたばかりの頃であれば分かりますが、アラサーになってまで年齢確認を心配していたら、さすがに「痛い」と思われてしまうよう。

もし本当に心配でも言わないようにしましょう。もしそれで年齢確認をされたら、一人でほくそ笑むことにしましょうね。

おわりに

いかがでしたか?

色々な勘違い女子の行動を紹介しましたが、当てはまってはいませんでしたか?1つでも当てはまっていたら要注意!「勘違い女子」と思われている可能性が高いので、これからの自分の行動には気をつけましょう。

(霧島はるか/ハウコレ)

関連記事