2015.02.27

きれいなヒップラインを手に入れる!美尻を作るポイント4つ


こんにちは!ミスユニバース ジャパン2013ファイナリストの山田彩乃です。
女性なら誰もが憧れるきれいなヒップライン。タイトなスカートやパンツをはいた時に見える垂れたお尻が気になる方も多いのではないでしょうか。でも実は、普段意識をしない部分だからこそ、ちょっとした意識と簡単なトレーニングで引き締まった綺麗な形のお尻を手に入れることができるのです。今回はその方法をご紹介します。

1 まずは座り方から

普段何気なく椅子に座っていますが、座り方によってはどんどんお尻の形を悪くしてしまうのです。逆に、座り方さえ気をつければお尻の形をよくすることもできるので、ご紹介します。

〈基本姿勢〉
正しい姿勢とは、丹田(おへその下指3本分あたり)に力を入れて背筋を延ばし胸を張って顎を少し引きます。上に引っ張られている意識をしてしっかりと背筋を伸ばしてください。丹田を意識して座っているだけでインナーマッスルを鍛える効果もあるのでオススメ!

〈座り方〉
背もたれがある椅子の場合は、あまり深く座らないようにして、背もたれに寄りかからずに座りましょう。背もたれに寄りかかっていると骨盤が寝てしまい、歪んだヒップを作る原因となります。両方の坐骨(ざこつ)がしっかり椅子に当たるように座ると骨盤がしっかりと立っている状態で座ることで小尻効果大!
また、座っている時の足にも要注意!ついつい足が開いたまま座っていませんか?両膝はしっかりと閉じて座りましょう。美尻を作るのはもちろん内モモの筋トレにもなるので、中々お肉が取れづらい内ももを引き締めることができて一石二鳥です。
どんなに正しい姿勢でも長時間座っていれば自然と崩れてきてしまうもの。椅子の座面に両手を付け、お尻を5cm程浮かせ閉じてから再び座るというように、姿勢が崩れてきたなと感じたらこまめに座り直していきましょう。

2 潰れたヒップを取り戻す簡単ステップ「意識をすること」

「トレーニング」と気を張ってしまってはなかなか長続きしないものですよね。一番の長続きの方法は、普段の生活に取り入れる事。少し意識するだけでも効果は現れてくるはずです!例えば、立っている時にお尻をきゅっと締めてみる。信号や電車を待っているときなど、せっかく立っているならお尻を意識しながらたってみて!少しきゅっと引き締めるだけで、ながら運動ができるので日常からヒップアップをすることができます。今から5分だけ、この仕事が終わるまで、などとゲーム感覚で時間設定をして自分で楽しみながら意識をするのも、楽しく美尻を作る秘訣です。

3 骨盤からお尻を引き上げる

 お尻の歪みは骨盤周りの歪みも影響を受けます。骨盤周りの柔軟性をアップし歪みをとっていきましょう。
 
〈骨盤体操〉
体操といっても、すごく簡単!大きく円を描くイメージで左右交互に5回ずつ腰を回すだけ。
骨盤が歪んだり開いたりすることで、日本人に多い平らなお尻になりやすくなってしまいます。開いた骨盤を緩めつつ、本来のお尻の丸みを取り戻すためにしっかりとほぐしていきましょう。

〈ヒップウォーク〉
1. 両足を伸ばして座ります。
2. 10回を目安にして左右交互にお尻を前に出して前進します。
これだけ?と思うかもしれませんがやってみると意外と大変。普段ヒップの筋肉はあまり使われずに凝り固まってしまうので、ほぐして柔らかくする効果があります。また、ヒップアップにウォーキングをしている方もいらっしゃるかもしれませんが、正しいウォーキングをしないとお尻ではなく太ももの筋肉を使って歩いてしまうので、どんどん足が太くなってしまう可能性も。このヒップウォークなら、お尻に直接働きかけるので余分なところに筋肉がつく心配がありません。

4 美尻キープエクササイズ

平面的なお尻を少しでも立体的に!と思っている方はこのエクササイズがオススメ。

〈ヒップリフト〉
1. 仰向けに寝ます。
2. 膝が直角になるように両膝を立てます。 
両手は手のひらを床につけて身体の左右におきます。
3. そのままお尻に力をいれて腰を浮かせます。この状態を10秒間キープしたらゆっくり腰を下ろしてください。
1~3を5セット繰り返す

これは大殿筋を鍛えることでお尻の脂肪を引っ張り上げ、お尻の形を綺麗に保つためのエクササイズです。日本人はお尻が平面的でお尻と太ももの境界線がない人が多いので、このエクササイズでパンツを格好よく履きこなせる美尻を作っちゃいましょう!

おわりに

 日本人のお尻は平面的、と色々なところで言われがちですが、美尻は日頃からの意識と簡単なエクササイズをすることで手に入れることができます。まずは今すぐ始められる、座り方・姿勢を正しく保つ意識をするだけでも美尻への第一歩となります。あまり気構えずに今の自分ができる範囲で継続することが一番大切。今回は簡単なものを紹介したので気になったものから始めてみてください!

(山田彩乃/ハウコレ)

関連記事