2015.03.01

恋を遠ざける!?男性がドン引きする女子会の特徴・5つ


女子だけで集まって食事や会話を楽しむ女子会。お店によっては、女子会プランが用意されていてお得だし、楽しい時間ですよね!

でも実は、男性はその内容にドン引きしていることもあるようです。女子会だし~と気を抜いていては、ちょっとしたチャンスもみすみす逃してしまうかもしれません。

そんなことにならないように、今回は「男性がドン引きしてしまう女子会の特徴」をご紹介します。

1.会話のほぼ全部が男性批判

「隣のテーブルにいた女性4人組は、話題のほとんどが男性批判でした。
“男のくせにケチ”“男のくせに仕事ができない”など男のくせに~って言葉が聞こえると自分のことじゃないのに、なんとなく気まずくなって早く解散しました…女子会こわいです。」(25歳/教師)

女性同士が集まると、日頃抱えている男性への不満が爆発しがち。たしかに男性からしたら気持ちのいいものではないでしょうね。

近くに男性がいる場合には、内容に気をつけて話したいものです。

2.泥酔しすぎで周りが見えない

「彼女の誕生日に有名なイタリアンのお店で食事していると、女性グループがやってきました。
既にだいぶ酔っているのか女性たちの笑い声が店中に響いていました。スタッフが注意しても収まる様子がなく、更にお酒を注文する始末。
話題が下ネタにもおよび、しばらくしたら退店させられていましたが、女性ですし、もう少し周りの目を気にして!」(24歳/IT)

お酒好きの女性グループは、やってしまいがちな失敗。女性が泥酔している姿は、みっともないと思われてしまいます。アルコールが入っているからといって、大きな声での下ネタもやめましょう。

ドンチャン騒ぎしたい場合は、TPOに気を付けて。可能ならば家飲みも候補のひとつかもしれません。

3.“女子”を連呼している

「“やっぱり女子会楽しいね!”“わぁ~女子っぽい!”“私たち女子はさぁ~”なんてキャッキャッしている女性たち。
でも全員30代半ばくらい…あなたがたは女子っていう年じゃないですよ。」(24歳/販売)

年頃の女性には、耳の痛い意見ですね。ただ女子女子言っているのが楽しいのですが…周りからは冷ややかな目で見られているかも。

またまた、日常の「最近は女子会によく行ってて~」という会話にも注意したほうが良さそうです。

4.ネガティブな話題ばかり

「会社の後輩に“女子会ってどんな話するの~?”ってウキウキで聞いたら、“恋ができない・お金がない・老後が心配…とかです。”って言われて悲しくなった。
そんな女子会楽しいの!?恋バナばかりかと思ってましたよ。」(27歳/営業)

女子会=恋バナと思っている男性にとっては、衝撃を受けそうですね。たしかにグループのなかでいい話がないとネガティブな話題に集中しがち。

女子会は、前向きな話ができると楽しさ倍増です。恋から遠ざかっている場合は、みんなで合コンを企画するのもいいかもしれませんね!

5.謎の励ましあい

「隣に座っていた女性グループの中にあきらかに太っている子がいました。その子が“ダイエットしたい”と言うと、一緒にいた子たちは、“○○ちゃんは全然太ってないよ”“今のままで十分かわいいって!”と、なぜか励ましていました。
本人のためを思うなら普通ダイエットを勧めますよね。そのあとデザートをモリモリ食べていて、イタイタしい光景でした。」(22歳/大学生)

このような状況で、「ダイエットしたほうがいいよ!」とハッキリ言える女性は少ないですよね。

女子会は、愚痴を聞いてもらえる、慰めてもらえる場でもありますので、発言する本人も正論だけを求めているわけではないのです。男性にとっては理解不能な行動なのでしょうか。

おわりに

いかがでしたか?女子会は女子同士で楽しむ素敵な会ですが、男性からの目を少しだけ気にすると女子会自体の女子力アップにつながりそうです。

(橘ミカミ/ハウコレ)

関連記事