2015.03.03

モテる女はここが違う!内面美人に体質改善する方法・4選


「目は口ほどにものを言う」と言うように、顔はその人の性格がにじみ出てくる部分だと思います。
意地が悪そうな人は、眉間にしわがくっきりついていたり口がへの字になりやすかったりしています。

逆に人のよさそうな人は、笑いじわが目立っていたり、口角が上がっていたりしますよね。
外見が良くても、モテテクを熟知していても、内面が美しくないと宝の持ち腐れとなってしまいます。

お金をかけて外見を改善する前に、まずは内側から美人に改革してみましょう!

1.自分ルール

「絶対間食はしないとか、夜寝る前にストレッチをする、とか小さなことを決めて必ず守るようにしています」(21歳/学生)

自分だけのルールだからこそ、誘惑に負けてしまいがちですよね。
ご褒美のスイーツ、今日はいいやと怠る運動・・・。なにかと言い訳をして楽な方へ、欲望に忠実に行動してしまいますよね。

そこをグッとこらえて日々過ごしてこそ美人への道ですよ。

2.言葉の力

「言葉遣いの乱れは心の乱れ。きちんとした言葉遣いで話すように努力しています」(23歳/学生)

「女子会とか、女同士で話しているとどうしても、悪口とかになりやすいじゃないですか。
でも、他人の短所を見つけるよりも長所を見つけて盛り上がるほうが飲んでいるお酒も美味しくなります(笑)
だから、たとえ苦手な人の話題でも、良い話しかしないようにしています」(27歳/飲食)

言葉って不思議な力を宿していますよね。内面美人はその言葉の力もしっかり使っています。

プラスな言葉を使っていれば、良いことが起こります。考え方、発言から美しく意識していることが大切です。

3.余裕

「落ち着きが保てるようになりました。やるべきこともしかりできるようになるし、余裕を持つことで他人にも優しくできます(笑)」(25歳/アパレル)

「せかせかしていないからか、細かいところまで気が回るようになったと思います」(23歳/学生)

余裕のある人とない人では振る舞い方が断然変わってきますよね。
余裕がある人は相手の立場、気持ちも汲んだ対応が出来ます。ですが、余裕がないと自分のことで手一杯になってしまいますよね。

その対応の差、気遣いの差が結果として恋活に影響してしまうのです。
キリキリせかせかした女性よりは、優雅にゆったりとした女性のほうが、ずっと魅力的ですよ。

4.身の回り

「身の回りや自分のデスク周りは綺麗にするように気を使っています」(28歳/事務)

「使ったものは片付ける。これだけを意識するだけで部屋は綺麗なままです」(23歳/学生)

使ったものは片付ける、元にあった場所に戻す、ちょっとしたことですが出来る人と、そうでない人では大きな差を生みます。

机の上、バッグの中身など身の回りが綺麗な人は普段の生活もきちんとしています。
起きたら布団はたたみますし、脱いだ服もたたんで戻します。

地味なことをコツコツ面倒くさがらずに出来る、これこそ内面美人です。

おわりに

コツコツとした積み重ねが内面美人への近道です。
お金をかけて一瞬で美人になることも可能ですが、中身も伴ってこその美人ですよね。

普通の顔なのにモテる女性はこれらを普通にやっているからなんです。人間中身で勝負、してみませんか。

(佐久間 優/ハウコレ)

関連記事