2015.03.03

【七曜星風水】ひな祭りを祝って、愛され上手になろう!



星のパワーを最大限に引き出して運気アップを目指す「七曜星風水」。
今回は、「桃の節句」ひな祭り☆スペシャル! 
あなたがもし、「甘え上手になって大好きな彼から愛されたい」とか「愛されキャラになりたい」と思っているなら、「金星」のパワーを使って3月3日のひな祭りを祝いましょう!

1.〈金星パワー〉を取り入れる絶好のタイミング

そもそも、ひな祭りは「男性から愛されて幸せな結婚ができるように」との願いをこめて、女の子の成長を祝う祭り。
はまぐりの吸い物をひな祭りに食すのも、はまぐりは2つとして同じ貝殻がなく、ぴたりと和合し添い遂げる男女の象徴だからです。

また、ひな祭りに欠かせない桃の花は金星フラワーであり、色も金星的に心が高揚し頬を染める“ときめき”のピンク色。ひなあられや菱餅には、金星の基本カラーのグリーンと高揚カラーのピンク、そして白が使われていて、実に金星的に華やかな彩りです。

さらに、風水的には桃&緑&白は、金星がつかさどる西方位を中心として正三角形を形成する三つの方位が象徴している色の組み合わせでもあります。
ちなみに象徴とは、“春に萌える緑の大地”、“清浄なる雪の純白”、“生気に満ち、邪を払う桃”です。

このように、ひな祭りの趣旨も色使いも金星の象徴や意味とピッタリ重なり合うため、〈金星パワー〉を取り入れるには絶好のタイミングなのです!

2.ひな人形も金星アイテム

きらびやかで雅びという、ひな人形もまた、〈金星パワー〉に満ちています。
七段飾りであれば、金星ナンバーの7でもあるので、最高にパワフルです。

七段飾りの人形を持っていなくても、自宅に置くスペースがなくても心配いりません。
立派な七段飾りを置いてある場所へ出かけて鑑賞するだけでも、〈金星パワー〉を吸収することができます。

百貨店や人形専門店の店先とか、和食レストランや和風カフェ、または旅館のロビーなど、七段飾りの人形を飾ってある場所へ出かけましょう。

3.さらに桃を使ったフードを作ったり食べたりするとGOOD

桃は明るく美しい女性の象徴であり、魔除けパワーもあると信じられています。たとえば白酒のルーツも、桃の花を漬けこんだ「桃花酒」だそうです。

ひな祭りには、ぜひ、桃のデザートや桃ドリンクを作ったり、桃を使ってあるお菓子を食べたりしましょう。
桃は金星フルーツでもありますから、食べたり飲んだりすることで、身体の中に直接〈金星パワー〉を取り入れることができます。

たとえば、ピンク色の桃ケーキと桃ドリンクの組み合わせ。それから、金星カラーのグリーンのグラスに注いだ甘酒に、ピンクの桃の花を浮かべるのも、金星的にキュートなビジュアルなのでおすすめです。

4.〈金星パワー〉あふれる夕暮れ時に願いごとをしよう!

願いごとをするのは、何も七夕とは限りません。お正月には初詣をしますし、新月にも願いごとをしたりしますよね。

ひな祭りが〈金星パワー〉に満たされる祭りであれば、「愛されたい!」という願望が、とても叶いやすいわけです。
そして、〈金星パワー〉がピークとなるのは、夕暮れのトワイライト・タイム。「宵の明星」とも呼ばれる金星が夕空に輝きはじめる時であり、アフター5の楽しく華やいだムードにつつまれるからです。

大好きな彼の顔や名前を思い描きながら、「彼が私をギューっと抱きしめてキスしている」などと、実現してほしい願望を具体的に書き出したり、口に出してつぶやいてみましょう。

おわりに

〈金星パワー〉は、あなたの可愛らしさや素直さを高めてくれます。
でも、意地悪をしたり可愛げがない言動をとると、パワーダウンしてしまうので、ご用心!

星のパワーについて、もっとくわしく知りたい方は、私のブログ☆隆速治沙(たかすみ*ちさ)の惑星トーク☆を参考にしてくださいね!

(隆速治沙/ハウコレ)

関連記事