2015.03.04

カンタンにできる!「恋愛ベタ女子」が試したいアプローチ方法・4つ


好きな人ができたら、あなたはどうやって相手にアプローチしますか?
いざ声をかけようと思ってもなかなか勇気が出ず、アプローチの仕方に迷ってしまっている人も多いはず。

シャイで恋愛ベタなら、ただ相手を遠くから見ているだけという人もいるかもしれませんね。でも、それじゃいつまで経っても恋は進みません!

そこで今回は、どんなにシャイな女子でも実践できるアプローチ方法をリサーチし、まとめてみましたのでご紹介します。

1.相手にメールをする

「好きな人にメールをするのは常識。嫌われてなんぼのもんじゃいと思って送った方がいい」(24歳女性/会社員)

気になる人と対面する機会はあっても、思うように話せないってことありますよね。
そうではなくても会えない時間、メールのやり取りでふたりのことを知ろうとするのは、恋愛をするなら避けて通れないものです。

「なにを聞いたらいいのか分からない」「どんな話をしたら……」と困ってしまう女子がいたら、彼の好きなもの、休日の過ごし方、趣味など。まずは話しやすいことから話題を振ってみて。

盛り上がることがあれば、休日に会おうという話も出てくるかもしれません。
必ずしも両思いになれるわけではないので、始めのうちはメールのやり取りでふたりの関係を測ってみましょう。

2.目があったら笑顔を向ける

「目が合って会釈をしてくれたり、笑顔を向けてくれると好かれていると感じる」(22歳男性/大学生)

彼と飲み会が一緒になったり、友達の紹介で遊んだりした時、次に会った時のお互いの反応って大切ですよね。
依然と同じテンションで会ってくれると、その後の雰囲気もなんとなく居心地いいものです。

特に男性の場合は女性に優しい態度を取られると、「俺のこと好きなのかな?」「あの子が彼女だったら……」と一気に恋の妄想が膨らむとのこと。
彼との距離を縮めるチャンスですので、もし彼と顔を合わせることがあれば挨拶をしたり、ひと言ふた言やり取りを交わせられるよう意識してみては?

3.誘いがあれば断らない

「彼から『今度◯◯に飲みに行かない?』と誘われたら、基本的に断っちゃダメ。どうしても仕事で行けないなら相手にそれを伝えた方がいいです」(25歳女性/会社員)

気になる人からデートの誘いがあったなら、それを断る理由はありませんよね。
なかにはそれほど興味ない人から誘いを受けることもあると思いますが、複数人で合うのなら積極的に顔を合わせてみても良さそう。

始めはタイプじゃなくても、ひょんなきっかけから関係が進展することもあるものです。
直接恋に結びつかなくても異性、同性問わず遊びの誘いがあったなら、面倒くさがらずに足を運んでみて。

意外とこうしたやり取りが、あなたの気づかないところで意中の人を射止めているかもしれません。

4.彼のことをよく褒める

「多少大袈裟でもいいので、すごいと思ったことは『さすが◯◯だね~!』と口に出してあげる」(24歳女性/公務員)

異性にモテる女性を見ていると、リアクションの仕方が上手と思ったことはありませんか?
男性はプライドで生きているので、そのプライドを認めてくれる女性のことを好きになる傾向にあります。

なので、あなたも彼のすごいところ、見習いたいところがあったら、積極的に褒めてあげて。

私生活で褒められるシーンというのもそうそうないので、自分のことを褒めてくれる女性がいるとわかっただけで、男性はそれだけであなたに好意を寄せるはずです。

おわりに

いかがでしたか。いずれも些細な事ですが、実践するのとしないとでは大違いです。
恋愛は出会いの場数を踏むことが彼氏を見つける第一歩ですので、少しくらい失敗したり、傷ついてもめげずに出会いを見つける姿勢を大切にしたいですね。

(柚木深つばさ/ハウコレ)

関連記事