2015.03.04

愛される人には共通点があった!?魅惑の「愛され彼女」の特徴・4選


「カレが自慢したくなっちゃうような、愛され彼女になってみたい!」なんて思ったことありませんか?

彼のことが大好きであればあるほど、相手にももっと自分のことを大好きになってもらいたいですよね。

「カワイイは作れる!」と同様、「アイサレル!」も作れるんです。そんな「アイサレル!」彼女には共通点がある模様。
そこで、今回は彼に愛される「愛され彼女」の特徴を紹介します。

1.彼に執着しない

「俺の彼女は、全然自分に執着してこないんです。すごい自立してる感じ。そんな彼女だからこそ、居心地が良いのかな。
拘束とかされたら『あー、めんどくさい』ってなっちゃいそう。」(26才/証券)

まずは「彼に執着しない」ことが大事みたい。執着してしまうと、彼もあなたも一緒にいて心地悪くなってしまいますからね。

「どうしても執着してしまう」と言うそこのあなた。まずは自分に自信を持って、そして彼のことをもっと信じてあげましょう。そうすれば、彼から自立できるはずですよ。

2.自分から愛する

「俺は『彼女から愛されてるなー』って感じると、自分も彼女に負けないくらい大切にしようって思う。
何かとかけ引きとかして、俺の気持ちだけを確かめようとする女の子は嫌だな。」(23才/学生)

先ほど「彼から自立をする」ことを目標としましたが、自立しすぎて彼のことを考えなくなってはいけません。

彼のことを素直に愛し、その気持ちをちゃんと伝えましょう。彼もきっとあなたに負けじと愛してくれるはずです。

3.LINEはタイミングが命

「俺の彼女は、俺が友達と遊んでるって言ったときは俺が楽しめるようにLINEの返信速度がゆっくりになる。
逆にかまってオーラを出したときはすぐにかまってくれたりね。彼女との連絡が苦にならないので、いつでもLINEしたいと思っちゃいます。」(22才/学生)

LINEでは、相手の顔が見えない分、こう言った彼女の「気遣い」が顕著に表れるみたい。

彼が「疲れてる」や「友達といる」と言ったときには、「ねえねえかまってよ!」なんて自分勝手なことは言わない方が彼のため。

逆に彼がかまって欲しそうで、自分も暇なときがあれば、ハートを駆使した文章で彼とラブラブしちゃいましょう。

4.たまにご褒美をあげる

「彼女は、俺が仕事で頑張ったときとか、彼女が喜ぶことをしたときとか、何かと『ご褒美』をくれます。
『この前頑張ってくれたご褒美だよ~』って言って、朝にすごく美味しそうなお弁当を持たせてくれた時はたまりませんでした。」(27才/公務員)

自分がしたことに「ご褒美」がもらえたら、もっと頑張ろうって思いますよね。「どんなご褒美がもらえるかな~」なんてにやにやしながら頑張っちゃうかも。

彼のためにも様々なご褒美を考えてあげましょう。「ご褒美券」を作って彼に渡すのも可愛いかもしれませんね。

おわりに

いかがでしたか?

彼が思わず愛したくなるような「愛され彼女」。あなたも絶対なれるはずです。
彼だけの「愛され彼女」を目指して、頑張りましょうね!

(霧島はるか/ハウコレ)

関連記事