2015.03.06

どうやって解消すればいい?彼氏ストレスを感じた瞬間・4つ


恋愛をしていてストレスを感じることはありませんか?

株式会社アテニアが全国の20〜50代の女性800人に「時間とストレス」に関する調査を行ったところ、女性の約95%が自分ひとりの時間が不足していると感じて、ストレスを抱えているそう。

一見幸せそうなカップルも多少の不満を抱えているもの。
そこで今回は、「彼氏が原因でストレスを抱えている」女子のエピソードとその対処法をまとめてみましたのでご紹介します。

1.束縛を感じてストレス

「LINEのメッセージを1日返さないだけで電話がかかってくる。こっちは仕事で疲れているのに……」(25歳/会社員)

お互いに両思いでも、どちらかといえば相手の方が好意を寄せていたり、相手の方が連絡を恋しがっていると、ちょっと面倒に感じてしまうことってありますよね。

恋愛は相手に依存してしまうと、途端に関係がちぐはぐになってしまいます。
もし彼の依存に困っている女子がいたなら、「友達とも遊びたい」「ひとりの時間も持ちたいから」と、彼と過ごす時間をうまく調節してあげて。

あなたが彼をうまく転がしてあげることで、彼も自然とあなたとの距離を測ろうとするはず。
お互いにとって丁度いい距離感を保つためにも必要なことと考えて、彼とこじれてしまう前にふたりの関係を早めに見直せるといいですね。

2.彼氏不足を感じてストレス

「彼の仕事が不規則なので、デートが連続でドタキャンになることも。
話したい時は電話で時間を取ってくれるけど、浮気をしていないか心配になります」(22歳/大学生)

年上の彼氏と付き合っている女性も多いのでは?
彼が新年度から社会人になってお互いの時間の過ごし方が変わってしまうのが不安…という女子もいるかもしれませんね。

でも、大学生ではたくさんある自由な時間も、社会人になると休日の時間すら限られてしまいます。

にもかかわらず、「会いたい」「最近、連絡くれないよね」と甘えすぎてしまうと、彼は「面倒くさいな……」と感じて別れ話を考えてしまうかも……?

彼が忙しそうな時は趣味に打ち込んだり、友達との関係を充実させながらいい関係を保てるといいですね。

3.スマホのやり取りでストレス

「LINEでチャットみたいにやりとりしていると、言葉の食い違いがあってたまに口論になる。
通話に切り替えなきゃと思うんだけど、うまく自制ができなくて……」(21歳/学生)

SNSの普及により、気軽に恋人と連絡を取れるようになった昨今。
でも、気軽に連絡が取れるからこそ、つい思ってもいない言葉をポロッとLINEで呟いてしまうことってありませんか?

面と向かってなら絶対に言わないような言葉も、LINEだと口走ってしまうのは彼との関係に思わぬヒビを入れてしまいそう。
あまりこれらのツールに頼らずに、ふたりの距離を図れるように注意してみて。

4.ぐうたらな彼にストレス

「休日は家でゴロゴロ。出会った時は割れていた腹筋も、いつの間にかビール腹に。これじゃ全然異性を感じない」(24歳/会社員)

大学生の頃は好青年だった彼も、年々オジサン体型になってガッカリした経験を持つ女性も少なくないはず。
なかにはそれに輪をかけて、休日はデートに誘うのもやっとの状態の彼を持つ女子もいるのでは?

同棲しているのならふたりで運動をしたり、彼にお弁当を持たせてあげても良さそう。挙式前に彼氏と一緒にダイエットをするという花嫁も少なくないのだそうです。

マンネリ知らずでいるためにも、ふたりの関係に変化をもたらせることもいい刺激になりそうですね。

おわりに

いかがでしたか。彼氏を見て若干イラッとしたことがあるなら、それは彼との関係にストレスを感じる前兆です。

イライラをきっかけによりふたりの仲が深まるよう、関係を進展させていけるといいですね。

【参考】
【女性の時間とストレスに関する調査】日本人女性の約95%が“時間ストレス”を感じている。“時間”にこだわった生活が 見た目年齢に最大-3.8歳の影響を及ぼす!?(株式会社アテニア)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000010341.html

(柚木深つばさ/ハウコレ)

関連記事