2015.03.11

「目指すは腹八分目女子。もっと大切にされるためのメール術!」


恋愛には欠かせない、メール。世の中には、恋愛を成就させるための色々なメール術がありますよね。
「同じ絵文字を使う」とか「すぐ返信しない方がいい」とか、恋する女子なら、そんな小さなハウツーを1度は見たことがあるかもしれせん。

でも一番大事なのは、「彼とのメールに振り回されないこと」。メールに一喜一憂してしまっては、うまくいくはずの恋愛も空回りしてしまいます。

今回は、彼に振り回されない恋愛をする為に押さえておきたい、メール術のポイントを考えてみたいと思います。
まずは、彼とのメールに振り回されてしまうNG女子を2パターン紹介します。

NGパターン1.待ってしまう女子

女子がいちばん苦しいのは、彼からの返信がないときかもしれません。
待つというのは、恋愛のひとつの醍醐味です。

しかし、振り回されない恋愛をするためにはまず、事務的な連絡以外では「彼の返信を待たない」クセをつけることが重要です。

例えば、会話を長く続けるためにメールを疑問文で終わらせるといい、なんて恋のハウツーをよく聞きますよね。

最初はコミュニケーションを図るために良いかもしれませんが、それを続けていると、「いつも私ばかり質問していて彼は質問してくれない…」とか、「質問したのに返信がない…」と落ち込んでしまうこともあるので注意が必要です。

NGパターン2.想像しすぎる女子

一番の落とし穴はこれ。女性は様々なことを関連づけて想像することに長けています。

例えば、「いつもこの時間に返信来ていたのに、今日は来ていない。」…そんな状況のとき、男性なら「昨日返信なかったね」だけで軽く済ませるところですが、女性はそれだけでは済みません。

色んな情報を集めて、色々なことを想像してしまいます。女の子と飲みに行っていたかも、きっとただ寝てしまっただけではない!
…そんな風に、返信がないだけで相手のことを疑ったり、疑心暗鬼になったりしやすいのです。

メールは完結させる!

これらの傾向がある人は、なるべく「完結するメール」をするよう心掛けましょう。会話が長く続けることよりも、あなたがご機嫌でいる方が、よっぽど恋愛にとってはプラスです。

たとえ相手からの返信が来なくても、近況を報告出来たことで満足できたり、「きっと彼は今頑張ってるんだな」と相手の状況をプラスに解釈できれば、振り回されることはありません。

さらに、メールが完結したのに、向こうから質問したくなるような状態を作れたらベストかもしれません。

目指すは「腹八分目女子」

そんな意味では、腹八分目の女がモテるのかもしれません。
彼とのメールでは、自分がいつも質問する側になってはいけません。なぜなら、男性は生物学的にも追う生き物だからです。女性は、男性が追えるくらいの隙を男性に残しておかなければいけません。

自分が追っている状況では、追われる女子にはなれません。常に自分からメールを送ったり、彼からの返信を待てなかったり…、そんな心に余裕がない状態だと、行動にも余裕がなくなります。

追われる方が好きな男性や、追うのが好きな女性もいますから一概には言えませんが、好きな相手に対して、余裕という名の「隙」を作れると、追いかけたくなる腹八分目女子になれるかもしれません。

おわりに

いかがでしたか。毎日のストレスをなるべく少なくする生活スタイルを手に入れられれば、自ずと余裕が生まれ、より充実した恋愛ができますよ。

(いい女bot/ハウコレ)

関連記事