2015.03.14

そこそこ経験したアナタに!彼氏にすべき年下男子の魅力・4つ


それなりに人並みに恋愛は経験してきたけど、なんだかしっくりこなかった。彼氏を採点してしまったり、肩肘をはってしまったり、無理をしたり。
今度こそ、ありのままの自分で、純粋に恋愛を楽しみたい!

そう思っている(私を含めた)女子の皆様こんにちは。今回はそこそこ経験してきたからこそ良さがわかる年下男子の魅力を、先輩女子たちの意見からご紹介します。

1.リードされなくても許せちゃう

「今まで付き合ってきた人は全員年上男性でした。上手くエスコートされてきたので、リード出来ない人といると正直イライラすることもあって。
でも、年下の子なら許せるし、むしろ微笑ましい気持ちも生まれます」(24歳/銀行)

「ちょっと!上座を譲ってくれないの?」「エスカレーター上りは後ろで下りは前でしょ!?」「私がお手洗いに行っている間にお会計済ませといてよー!」なんてイライラ、年下彼氏になら生まれませんよ。
血眼で彼のアラを探す必要はもうないのです。

2.敬語がかわいい

「下の名前にさん付けで『〇〇さん、好きです』なんて言われたらそりゃあもうニヤニヤしちゃいますね。
今まで同い年の彼氏たちには『お前』なんて乱暴に呼ばれることが多かったので」(22歳/学生)

彼氏が敬語だと、大事にされている感じが伝わってきて嬉しいとの意見が多かったです。口調がやわらかいので、ケンカにも発展しにくそうですし。

「慣れてたまに敬語が外れるのも、それはそれでおばさん嬉しいです」(27歳/投資)との楽しみ方も。

3.ギャップ萌え

「『年下かわいい~。おーよしよし』なんて思ってると、ギャップに萌え死にます。
いきなり腰を抱き寄せられたり荒々しくキスをされたり、いつも可愛い分、男っぽい部分が見えると心臓がはち切れるくらいドキドキしちゃいます・・・」(23歳/保母)

うわ~。これは本当にポイント高いですわ。女子もギャップを意識するとモテるらしいですが、男子に対するギャップ萌えを考えるとその威力の強さに頷けますね。

普段はかわいい、でも要所要所は男らしい、なんだかハマったら抜け出せないかも。

4.飾らない自分でいられる

「5つ年上の元カレのこと、大好きだったんですが、ずーっと背伸びして取り繕っていた部分がありました。
その人には結局振られてしまって、今は年下の子と付き合っているんですが、ありのままの自分を慕ってくれてとても穏やかな恋愛です」(21歳/学生)

自分より経験豊富なオトナと付き合ってしまうと、「釣り合う女にならなきゃ!」という気持ちばかり先に行ってしまって、息苦しく感じてしまうもの。

その点、年下彼氏なら自分が主導権を握りやすいです。すっぴんを彼氏に見せられない系とりつくろい女子は、いちど年下彼氏と付き合うと肩の力を抜けるでしょう。

おわりに

今までまったく年下彼氏なんて考えたことなかった女子でも、「かわいい」「かっこいい」「等身大の自分でいられる」という年下の魅力に取りつかれたら、抜け出せない可能性大。

モノは試しです。新たな出会いが増える春に、ご自身の恋愛の幅を広げてみてはいかがでしょうか。

(倉持あお/ハウコレ)

関連記事