2015.03.16

ナチュラル美人になりたい!「素肌メイク」のポイント・3つ



今はメイクグッズやヘアケア製品、美容法など、たくさんの商品や情報があふれています。そんな時代でも女性からも男性からも根強い人気の素肌メイクは、時代に左右されない点が大きな魅力です。難しいテクニックではなく、シンプルな基礎のメイク技術こそ、その人の美しさを最大限に引き出すことができるのです。

メイクしてもスッピンのように見せるポイントは、透明感と素肌感、そして血色の良さが重要。スッピンぽく見せるため、ベージュ系を使うヌードメイクをしても、血色が悪いと可愛く見えません。チークや唇を可愛く見せるテクが必要なのです。

1.ベースメイク

素肌メイクの基本は肌です。肌の与える印象はとてもダイレクトにその人自身のイメージにつながります。先ずはメイク前の保湿ケアをしっかり行いましょう。お手持ちの化粧水をつけて手パック10秒(手を軽く顔全体にあてます)、その後は美容液をたっぷりお肌に馴染ませましょう。美容液は保水力の高い成分が入ったものがお薦めです。

基本的にファンデーションは塗りません。色つきのUVカットつきの下地クリームで整えましょう。粉は塗らない方がより素肌感がでますが、粉っぽくならないパウダーでしたら使用してもOKでしょう。

濡れたような艶を出すと、スッピン風で綺麗な素肌感が出ます。また、光の反射でクマやクスミが薄く目立たなくなります。

ベースメイクの仕上げに、パール入りのハイライトを目の下のゾーンに使います。パール粒子が粗いとギラギラギャルメイクになってしまいますので、粒子が細かいものを選んで下さい。

2.アイメイク

まつ毛はマスカラを塗らずにビューラーだけで仕上げるのが素肌メイクの定番です。
ここでのポイントは、ビューラーをドライヤーで温めて使うこと。そうすると熱でカールが長持ちします。どうしてもという方は、透明マスカラを軽くつけましょう。

アイラインは黒よりダークブラウンを使うと自然感がでます。ペンシルタイプでまつ毛の隙間を埋めるように極細に引いていきましょう。下まつ毛にはアイラインを引かない方がスッピン風に見えます。
アイブロウはパウダータイプがおすすめです。

3.リップ

うるうるしすぎるリップグロスよりも、自然な艶がでるリップバーム等を使いましょう。唇の色があまり良くない場合は、赤みのある口紅を軽く指先で叩くようにつけ、その上にリップバームを重ねましょう。血色がよく見えます。

おわりに

冬も終わりこれからメイク崩れが起きやすい季節がやってきます。その前に、素肌メイクをしっかりマスターして、化粧直しの手間を省き、綺麗な肌の透明感、素肌感で勝負していきましょう。

(下山 一/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事