2015.03.16

もっと近づきたい!年上彼と上手く付き合うには・・・?


こんにちは!ライターの城山ちょこです。今回、編集部に送られてきた相談はこちら。

「付き合い始めて間もない7歳年上の彼がいます。付き合う前に先輩・後輩関係だった名残で今も敬語、名前はさん付けで呼んでいます。
ご飯は全て彼が奢ってくれますが、このままでは負担が大きいし、もっとくだけた関係になりたいです。」
という、19歳女子大生からのものです。

尊敬していた先輩に憧れ、恋に落ちるのはよくあること。
彼女に限らず、年上の彼に思うように近づけずに悩んでいる女子は多いのではないでしょうか。
今回はそんな皆様と年上の彼との付き合い方について一緒に考えていきましょう。

距離を縮めるには話し方から

相手との距離を縮めたいのなら、まずはタメ語で話すのがお勧め。
社会の中では無礼でだらしのない印象を持たれることもあるタメ語ですが、恋人や友達間で使用すれば、一気に距離を近づける効果が期待できます。

年上彼だけに限らず、初対面のお友達でも敬語より、タメ語の方が、親近感が沸き、会話が弾みますよね。

抵抗感が強い人は、メールなどでタメ語を混じらせて、徐々に会話にも織り込ませていくのもよし、一気に変えたい人は「今日からタメ語で話すね!」とか「今日はタメ語記念日だよ!」などと宣言して、変えるのもいいと思います。

始めは気恥ずかしくても、慣れれば、前よりも肩の力を抜いた会話を楽しめるはず。
頑張ってトライしてみましょう。

距離を縮めたら対等な関係に

タメ語で距離を縮めたら、次に目指したいのは対等な関係。
先輩後輩関係から、対等な恋人同士になりましょう。
歳が離れているからと言って、精神面でも物質面でも彼頼りではあなたも心苦しいはず。
年下でも彼のために出来ることは沢山あります。

“会社から疲れて帰ってくる彼のために夕飯を作って待っている。”
“笑顔で癒してあげる。”“話を聞いてあげる。”・・・などなど。

お金の件は、まだ学生なので多少彼に甘えてもいいと思いますが、“素直に喜んだり、お礼を言う。”また、少し余裕がある時には“感謝の気持ちを込めて小さなプレゼントを渡す。”などの配慮が出来ると、更に彼といい関係が築けるでしょう。

思いやりを持って、してあげられることを積み重ねれば、彼も安心してあなたを頼ってくれるようになりますよ。

注意点

それでは、最後に1つだけ注意点を・・。
それは、ずばり・・背伸びをし過ぎないこと!

彼と支え合えるように努力することは、付き合いを深めていく上で大切なことですが、頑張り過ぎは逆効果です。

対等を意識し過ぎて、背伸びをしてしまうと心に余裕がなくなり、年下彼女としての可愛げが失われてしまう可能性も・・。
無理して食事を割勘にしたり、彼の悩みのために奔走する必要はありません。

今のあなたそのままでも彼にとっては十分魅力的なはず。
そこをしっかりと理解した上で、自分の出来る範囲で彼を支えてあげてくださいね。

(城山ちょこ/ハウコレ)

関連記事