2015.03.20

かわいいと思ってるのは自分だけ?周りがドン引きな「女子力ダウンネイル」


こんにちは!ネイリストでスキンケアカウンセラーの川上愛子です。
指先はいつだって見える部分なので、ネイルがかわいいと気分が上がったりうきうきしたり、なんだかHappyな気持ちになりますよね。オシャレでだけでなく、そんな “気持ちの和み効果”もあって、やらずにいられない!という方も多いのでは?でも、ちょっと待って!いくら自分の好みとはいえ、周りがぎょっとするようなネイルやがっかりするようなネイルは女子力を大きくダウンさせます。
「最近流行ってるみたいだけどアレはないなぁ・・・」と周りがドン引きするデザインや
「TPOて知ってる?」とがっかりされるようなデザインも数多く存在しているのでいくつかご案内しますね。

なんで血?怪我したの?周りもびっくり血液ネイル

爪の先から血が滴っているかのようなデザインの血液ネイル。赤だけでなく、グリーンや青など様々な血液デザインが流行しましたが、びっくりする人が多いようです。「後輩が血液デザインの爪で肉を食べていて怖かった」という方も。
ネイルを楽しむのはいいことですがTPOを大切にしたいですね。

「呪われそう」目玉いっぱいネイル

血走った目や青い瞳、閉じた瞳など多種多様な瞳柄ネイル。ポップな雰囲気のネイルではありますが、イラスト自体はリアルな瞳なので、指から見つめられているようでちょっとビクッとする方が多いようです。
「見つめられるのが怖いな」と感じる人も多くいるので、人が集まる場では必ず手袋を持参して楽しむといいかもしれません。

爪が見えないくらい大きいラインストーン

「爪どこ?」と思われるほど大きなラインストーン。「握手した時にぶつかったら皮膚が切れそうで怖い」「ゴミが溜まってそうで不潔そう」
色んな意見がありますが、清潔感は大切にしたいもの。
大きなラインストーンを付けたい時は、何本かの指だけにして初対面の方と握手する際に隠せるようにしておくといいかもしれませんね。

暗闇では安全かもしれないけど・・・蛍光色5色ネイル

派手で明るい気持ちになる蛍光色のネイルですが、5本の指を5色で塗るとびっくりする人が多いのが現実なようです。
あれもこれもそれも!と選びたくなりますが、移り気な気持ちはぐっと堪えて1~2色でまとめる方が見ている人には概ね好評な傾向にあります。

いくら自由とはいえその色は・・・

会社としてネイルに特に決まりがない会社も多くありますが、決まりがないからと言ってなんでも自由だと思うのはちょっと危険。
近年は「あまりに突飛なデザインを付ける人が増えたので、会社としてネイルそのものを禁止にした」という会社も多く存在しています。
「禁止」となってしまわない為にも赤、黒、青、と原色に近い色はなるべくオフィス仕様になるよう、ネイリストさんにしっかり相談して楽しみましょう。

ドクロ、ドクロ、ドクロだらけ

「骨」と見る人も多いのがドクロネイル。1個だけだとかわいいのに、何個も骨ばかり付けていると一瞬ためらう人が多いようです。
「キャラクター」として見えるように、ネイリストさんにバランスをとって付けてもらいましょう。

どこまでも長くて尖った爪

指より長い爪や針のように尖った爪は目にした人が怖がることが多いようです。日本人は「先端恐怖症が多い」と言われていますが、そのせいか避けたくなる方が多いのかもしれませんね。「子供の目の高さが尖った爪だと怖い」という方もいらっしゃいますので
周りには十分気を付けて手を動かしましょう。

おわりに

自分の爪なんだから好きにしたい!という気持ちになるネイルデザイン。
自分も周りも「かわいいね」「おしゃれだね」と褒めたくなる爪にするには、周りへの配慮ももちろん必要です。大人の女性として周りにも気を使いつつ楽しいネイルライフを過ごして下さいね。

(川上愛子/ハウコレ)

関連記事