2015.03.21

100均美容!花粉症でカサカサ肌もぷるぷるに変える「潤い◯◯洗顔」とは?



こんにちは!ネイリストでスキンケアカウンセラーの川上愛子です。
花粉症の人には辛い季節がやってきましたね。
ティッシュ片手に何度も鼻をかんだりするせいか、真っ赤になる鼻。カサカサ度合いが増してくる鼻回り。こんな肌じゃ誰にも会いたくない・・・朝からブルーになってしまいますよね。
でも、ちょっとしたコツで鼻回りのカサカサを防げる洗顔方法があるのです。

カサカサ肌にいつもの洗顔方法はご用心

カサついた肌に、ピーリング効果の強い洗顔フォームや洗浄力の高いメイク落としは、刺激になってしまう場合や、必要な油分を取り過ぎてしまう場合があります。普段使いの洗顔フォームであっても、炎症を起こしている肌に使用することは控えましょう。
ヒリヒリやカサカサがひどい時期は「洗いすぎない」が何よりも大切です。

保湿しながら洗うこと

とはいえ、洗顔しないわけにはいきません。大切なことは「潤いを与えて汚れを落とす」こと。汚れを落とすだけでは、肌の角質層がどんどん乾いていってしまいます。普段は、洗った後からきちんと保湿をすれば間に合いますが、乾燥で敏感になった肌やめくれあがった角質層を滑らかにするには、「潤いを与えながら洗う」ことが一番必要なのです。
与えながらメイクを落としたり、与えながら洗顔したり、そんな方法あるの?という方におすすめなのが「乳液洗顔」です。

100円均一大活用!乳液洗顔のやり方

乳液洗顔は、乳液が多めに必要となります。高価な乳液だとちょっともったいない。
そんな時は、庶民の味方!100円均一の乳液がとっても便利。某女優さんも「100円の乳液を1日1本使って顔を洗う」と言っていたほど。100均の乳液は優秀な洗顔ができます。

乳液洗顔の方法 夜編

方法は簡単。まず、大判のコットンに乳液をたっぷり出します。肌とコットンが触れ合わないくらいたっぷり出すのがポイントです。
そのまま、力を入れずに乳液で顔全体を拭き取ります。乳液に含まれる油分がメイクを溶かして、ウォータープルーフのアイラインもすっきり落としてくれます。くるくると円を描くように拭き取っていくと、ピカピカの“潤いたっぷり肌”に変身!コットンが肌に触れないように、時々は乳液を追加して拭いてくださいね。コットンは汚れをしっかり受け止めてくれるので、コットンが汚れたらすぐに新しいコットンに交換して拭きましょう。
おでこから顎、顎の裏までしっかり拭き取って乳液洗顔してください。
コットンに化粧品が付いてこなくなったら、乳液洗顔終了です。

あとは化粧水を付けるだけ

コットンに化粧品が付いてこないことを確認したら、あとは化粧水でたっぷり保湿をしてください。「何となく洗いたい」と感じる場合は、ぬるま湯で少しだけすすいでから化粧水を付けてもOK。化粧水のあとは、いつもの美容液や乳液でお手入れしてくださいね。

朝もやってみよう

乳液洗顔は朝行っても効果大!ぬるま湯で軽く顔をすすいだら、あとはたっぷりの乳液でくるくるするだけ。夜の間に出た皮脂や汚れも拭き取りつつ、潤いもしっかり与えてくれるので、めくれた角質層も落ち着いてカサカサも激減します。

おわりに

「洗いすぎは注意」ということは知っていても、どこまでが洗いすぎなのかいまいちわからないのが洗顔の難しいところ。肌のカサつきを感じた時や、皮膚全体が突っ張った日には「洗うこと」をちょっと休みしましょう。乳液洗顔が大きな効果を発揮してくれますので、ぜひ試してみてくださいね。

(川上愛子/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事