2010.12.07

身も心も高級な装いで…年に一度?!一流レストランでのマナー

 一流レストランは料理のみならず、調度品、雰囲気も味わう場です。他のお客様のムードを壊してしまわないよう、基本的マナーを覚えておきましょう。


予約

 予約は前日までにしておきます。仕込みなどの関係から、当日予約では断られる場合があります。この時に、特別なお願いがあれば伝えます。

例えば、特別な日なのでデザートはホールケーキにして欲しい、苦手な食べ物は料理に使わないで欲しい等を頼みます。
         

服装

 フォーマルウエアか、それに準ずる服装で。ノーネクタイ、デニム、短パン、肌の露出の多いドレス、下駄やサンダル履きは、予約をしていても入店を断られる場合があります。
           

ドアを開けた瞬間からマナー

 コートやマフラーをテーブルで外すと埃が立ち、周囲のお客様の迷惑になります。レストランに入ったら、その場で取ります。

入り口にレセプション(フロント)があるなら、そこに、荷物やコート、マフラーなどを預けます。無い場合は各テーブルに荷物用のカゴなどが用意してあります。


ウエイターが通してくれるまで待つ

 空席が見えたとしても、ウエイターがテーブルに案内してくれるまで待つのがマナーです。ズカズカ勝手に店内に入るのは、レストランだけでなく、他のお客様に対し失礼に当たります。

 テーブルの用意が出来るまで、ウェイティングルームに通されることもあります。ここでは、食前酒を楽しんだり、ワインリストを見たりします。


ハンドバッグの置き場所

 女性のハンドバッグは、小ぶりな物であれば、椅子の背もたれと背中の間に置きます。背中に当たって邪魔な時は、自分から見て右側の床に置きます。これは、サービスが左側から行われるので、邪魔にならない為です。

 カバン用の小さな椅子やカゴが用意してあれば、そちらに。


食前酒

 食前酒はガブガブ飲むものではありません。美味しいからといって、おかわりをしないように。アルコールに弱い人は、その旨をウエイターに伝えておくと、別のドリンクを用意してくれます。
          

           
飲みたくなければ、注文しなくても構いません。

料理のオーダー

 メイン料理を最初に決めます。それから、メインに合う前菜やスープを選びます。選ぶのが難しいなら、コース料理をオーダーするのが無難です。

アラカルトであっても、メイン料理だけ、前菜だけのオーダーはマナー違反です。最低、二品は頼みます。

ワインのオーダー

 特にお目当てのワインが無いなら、メインに合うワインをソムリエに選んでもらうと良いでしょう。この時、予算を伝えておくのがベターです。

ワインは自分でついではいけません。ソムリエがグラスに注いでくれます。また、ワイン以外の用事を、ソムリエに頼んではいけません。

           

食事中は禁煙

 料理が運ばれてくるまでに一服、とタバコに火を点けてはいけません。一流レストランでは、シガールームが用意してあることがあります。どうしても我慢が出来なければ、そちらへ。テーブルでは、食後にしか喫煙は許されないと考えましょう。

何もしない

 フォークやナイフが落ちても、自分で拾ってはいけません。パンくずが出ても、床に掃い落としてはいけません。全て、ウエイターを呼んで、処理してもらいます。あなたは座って、料理を楽しむことだけに専念してください。

関連記事