2015.03.25

空腹のすすめ!お腹を減らして痩せ体質になろう



「お昼の時間だからお腹が空いていないけれど食べる」、「なんとなく口さみしくてお菓子を食べる」などなど、あなたは惰性で食べてしまっていませんか?
惰性で食べる習慣を止めて空腹状態を作ると、痩せホルモンが分泌され、痩せていきますよ。

食欲の種類

実は食欲にも種類があります。

・代謝性食欲
血糖値が下がり、空腹感を満たすための生理的な食欲。

・認知性食欲
外部からの刺激(美味しそうなご飯のCMを見た、美味しそうな匂いがしてきた)や習慣(ランチタイムだから、3時はおやつの時間)によってもたらされる食欲。

お腹は空いてないけれど、12時だからランチにしよう!とご飯を食べる方も多いと思います。しかし、これが肥満のもと。食事はお腹が空いたら食べるようにしましょう。
…と言ってもお昼休みの時間は固定の方が多いですよね。そういう場合は軽く済ませて、お腹が空いた頃に、こっそり「おにぎり」でも良いと思います。

ファスティングの勧め

以前『「空腹」が人を健康にする』 『「1日1食」で20歳若返る!』(南雲吉則著)という本がベストセラーになりました。
食事内容を江戸時代の元禄期以前に戻し、食事は「1日1食」で良いというのが南雲先生の説です。
南雲先生の説はかなりハードで、一般の方がその通り実践するのは難しいかもしれませんね。
そこで、空腹時間を決めてファスティングすることを私はお勧めしています。
私がお勧めしているスキマビクスダイエットでは、朝のみ野菜や果実の「スムージー」を取り入れています。
つまり毎朝、プチファスティングをしていることになります。

ところで、何故お腹を空っぽにしなければならないのでしょうか?
空腹時には、ダイエットに有効な「グレリン」というホルモンが胃から分泌されます。グレリンはアンチエイジングホルモンのマスターホルモンである成長ホルモンの分泌を促進します。成長ホルモンには、美肌・ダイエット・代謝UP等様々な効果があります
また、空腹状態が続くことで「サーチュイン遺伝子」という若返り遺伝子が活性化され、アンチエイジング効果も期待できるのです。

食事時間が決まっている方へのアドバイス

しかし仕事をしていれば、食事時間は強制的に決められていますから、生理状況にかかわらず食べなければなりませんね。そういう時は、空腹の度合いに応じて食事量を減らしましょう。
その結果、夕方どうしてもお腹が空いたら、ガムを噛んだり飴を舐めて空腹感をやり過ごします。コーヒー(ブラックコーヒー)等のカフェインには代謝性食欲を抑える効果がありますから、コーヒーで空腹を乗り切りましょう。

最後に

私の知りあいで1日1食しか食べない人がいます。
夜、お酒飲みながら好きな物を好きなだけ食べ、後はお腹が空かない限り食べません。
現在40歳(男性)ですが、同年齢の方より若く見えます。そのせいか年齢・年収(ごめんなさい)の割には良くモテます。今後は更に実年齢より若く見られるようになるでしょう。

しかし一般的に「1日1食」に出来る方は少ないと思います。
そこで、出来る範囲で空腹状態を作る努力をしては如何でしょうか?
「それが出来たら、始めから太ってないよ」と叱られそうですね。
そういう方はダイエット仲間を作ることをお勧めします。お互いに刺激しあうことでダイエットを継続することができます。
ダイエットは継続しない限り成功しません。すべては「心」の問題なのです。
心が変わって行動が変わり、ダイエットが成功するのです。

(林田玲子/ハウコレ)

関連記事